電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 14:20
光フラクショナルOFDM方式における周波数利用効率の検討
山崎 佑永島知貴阪大)・ガブリエラ シンコッティローマ大)・清水 智和田尚也NICT)・植之原裕之東工大)・小西 毅阪大PN2018-81 EMT2018-115 OPE2018-190 LQE2018-200 EST2018-128 MWP2018-99
抄録 (和) フラクショナルフーリエ変換に基づいた多重化方式である光フラクショナルOFDMは,光OFDMにおいて懸念される高いピーク強度対平均強度比(PAPR)を低減することができるため,伝送中に発生する非線形光学効果による信号品質劣化の抑制が可能である.本研究では,光フラクショナルOFDM方式における周波数利用効率について,利用帯域幅と伝送路中の非線形光学効果によるスペクトル変化量を元に,光OFDM方式と比較することで検討を行った. 
(英) Optical fractional OFDM based on fractional Fourier Transform can reduce peak-to-average power ratio (PAPR) which is an issue in optical OFDM. Because of this advantage, the signal quality degradation due to nonlinear optical effects can be suppressed. In this work, we evaluate spectral efficiency of fractional OFDM based on occupied bandwidth and the amount of the spectral change due to nonlinear optical effects in fiber transmission.
キーワード (和) 光OFDM / フラクショナルフーリエ変換 / 周波数利用効率 / ピーク強度対平均強度比 / / / /  
(英) Optical OFDM / Fractional Fourier Transform / Spectral efficiency / Peak-to-average power ratio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 396, PN2018-81, pp. 271-275, 2019年1月.
資料番号 PN2018-81 
発行日 2019-01-10 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2018-81 EMT2018-115 OPE2018-190 LQE2018-200 EST2018-128 MWP2018-99

研究会情報
研究会 PN EMT OPE EST MWP LQE IEE-EMT  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-01-PN-EMT-OPE-EST-MWP-LQE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光フラクショナルOFDM方式における周波数利用効率の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spectral efficiency evaluation in optical fractional OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光OFDM / Optical OFDM  
キーワード(2)(和/英) フラクショナルフーリエ変換 / Fractional Fourier Transform  
キーワード(3)(和/英) 周波数利用効率 / Spectral efficiency  
キーワード(4)(和/英) ピーク強度対平均強度比 / Peak-to-average power ratio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 佑 / Yu Yamasaki / ヤマサキ ユウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永島 知貴 / Tomotaka Nagashima / ナガシマ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ガブリエラ シンコッティ / Gabriella Cincotti / ガブリエラ シンコッティ
第3著者 所属(和/英) ローマ大学 (略称: ローマ大)
University Roma Tre (略称: Univ. Roma Tre)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 智 / Satoshi Shimizu / シミズ サトシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Wada Naoya / ワダ ナオヤ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 植之原 裕之 / Hiroyuki Uenohara / ウエノハラ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 毅 / Tsuyoshi Konishi / コニシ ツヨシ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2018-81,IEICE-EMT2018-115,IEICE-OPE2018-190,IEICE-LQE2018-200,IEICE-EST2018-128,IEICE-MWP2018-99 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.396(PN), no.397(EMT), no.398(OPE), no.399(LQE), no.400(EST), no.401(MWP) 
ページ範囲 pp.271-275 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2019-01-10,IEICE-EMT-2019-01-10,IEICE-OPE-2019-01-10,IEICE-LQE-2019-01-10,IEICE-EST-2019-01-10,IEICE-MWP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会