電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 11:15
RoFにおけるプリディストーションを用いた広帯域信号伝送時の相互変調歪抑圧法の提案
吉川裕耀奈良先端大)・金子裕哉沼津高専)・東野武史岡田 実奈良先端大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) LTEの無線基地局ではベースバンド信号処理部(BBU: Baseband Unit)を一箇所に集め,無線の送受信機能部(RRH: Remote Radio Head)だけをアンテナ近くに設置し,光ファイバ回線で接続するC-RAN (Centralized-Radio Access Network)で構成される.BBUとRRHを結ぶモバイルフロントホール(MFH: Mobile Fronthaul)にはCPRI(Common Public Radio Interface)インターフェースが用いられ,量子化ビット数やオーバーサンプリングにより無線区間の帯域幅に対して10倍以上の光伝送レートを必要とする.RRHに一部の信号処理機能を分割することでMFHの伝送速度及び伝送遅延時間の削減が検討されているが,RRH側の装置構成が複雑となる.そこで,伝送遅延時間が小さいアナログRoF(Radio over Fiber)の活用が適するが,アナログRoFは相互変調歪による特性劣化が課題となる. 本稿では, プリディストーションにより広帯域OFDM信号を変調する際の相互変調歪を抑圧する手法を提案し, 計算機シミュレーションを用いて従来法($Sin^{-1}$ 法)との特性の比較を行った. 
(英) Radio base station of the LTE adopts a C-RAN (Centralized-Radio Access Network) configuration. Plural signal processing units (BBU: Base Band Unit) are aggregated in one place, only the radio transmission / reception function unit (RRH: Remote Radio Head) is installed close to the antenna and they are connected by optical fiber link. The CPRI interface is employed as the mobile Fronthaul for connecting BBU and RRH 10 times or more bandwidth compared to the radio frequency bandwidth is requires in optical fiber link due to the number of quantization bits and oversampling. Reduction of the transmission speed in MFH are considered by dividing a part of signal processing functions into RRH, but the device configuration in the RRH side becomes complicated. Therefore, the use of analog RoF (Radio over Fiber) is considered suitable because its latency is low. However, intermodulation distortion(IMD) is one of main constraint in analog RoF. This paper proposes a method to suppress intermodulation distortion based on pre-distortion when building broadband OFDM signal. We compare the characteristics of the proposal and conventional using computer simulation and show its effectiveness.
キーワード (和) モバイルフロントホール / A-RoF / 相互変調歪 / プリディストーション / / / /  
(英) Mobile Fronthaul / Analog-RoF / Intermodulation distortion / pre-distortion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 401, MWP2018-76, pp. 155-160, 2019年1月.
資料番号 MWP2018-76 
発行日 2019-01-10 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN EMT OPE EST MWP LQE IEE-EMT  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2019-01-PN-EMT-OPE-EST-MWP-LQE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RoFにおけるプリディストーションを用いた広帯域信号伝送時の相互変調歪抑圧法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Intermodulation Distortion Suppression Method for Wideband Signal Transmission Using Pre-Distortion in RoF 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルフロントホール / Mobile Fronthaul  
キーワード(2)(和/英) A-RoF / Analog-RoF  
キーワード(3)(和/英) 相互変調歪 / Intermodulation distortion  
キーワード(4)(和/英) プリディストーション / pre-distortion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 裕耀 / Hiroaki Yoshikawa / ヨシカワ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 裕哉 / Yuya Kaneko / カネコ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 沼津工業高等専門学校 (略称: 沼津高専)
National Institute of Technology, Numazu College (略称: NIT, Numazu College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-PN2018-58,IEICE-EMT2018-92,IEICE-OPE2018-167,IEICE-LQE2018-177,IEICE-EST2018-105,IEICE-MWP2018-76 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.396(PN), no.397(EMT), no.398(OPE), no.399(LQE), no.400(EST), no.401(MWP) 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2019-01-10,IEICE-EMT-2019-01-10,IEICE-OPE-2019-01-10,IEICE-LQE-2019-01-10,IEICE-EST-2019-01-10,IEICE-MWP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会