電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 10:30
金属ストリップを配置した埋め込み導波路における偏波変換器
佐々木陽太山内潤治中野久松法政大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 埋め込み導波路において, 空気層との界面に金属ストリップを配置した偏波変換器を提案する. まず, 長方形断面の導波路において最適な構造値を算出し, 基本特性を解析する. 簡易な構造でありながら, 偏波変換が達成されることを明らかにする. さらに, 固有モード解析を行い, 挿入損の原因を考察する. 挿入損は主に, 入出力導波路との接続部におけるTMモード界の不整合に起因することを示す. 次に, 偏波変換器の低損失化を検討する. コアの縦横比を大きくすることで, TMモードの遷移損が減少し, 結果として, 挿入損の低減につながることを見出す. 最後に, 導波路を屈曲させた場合を検討する. 屈曲構造は直線構造に比べ, 非対称性が増加するため, 同等の偏波変換特性を保ちつつ, 変換長を短くできることを明らかにする. 
(英) A polarization converter with a metal strip is developed in a buried waveguide with a rectangular core. The eigenmode analysis reveals that the insertion loss is mainly due to the field mismatch of the TM mode at the connection between the input (or output) and conversion waveguides. Further consideration shows that the transition loss of the TM mode decreases, as the aspect ratio of the core is increased, leading to a reduction in the insertion loss. Finally, we investigate the effect of bending a waveguide for polarization conversion. It is found that the bend structure achieves equivalent characteristics with a shorter polarization conversion length, compared with the straight one.
キーワード (和) ビーム伝搬法(BPM) / 有限差分時間領域(FDTD)法 / 導波路型偏波変換器 / 金属ストリップ / / / /  
(英) beam-propagation method / finite-difference time-domain method / waveguide polarization converter / metal strip / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 398, OPE2018-177, pp. 203-208, 2019年1月.
資料番号 OPE2018-177 
発行日 2019-01-10 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN EMT OPE EST MWP LQE IEE-EMT  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2019-01-PN-EMT-OPE-EST-MWP-LQE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 金属ストリップを配置した埋め込み導波路における偏波変換器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Polarization Converter in a Buried Waveguide with a Metal Strip 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビーム伝搬法(BPM) / beam-propagation method  
キーワード(2)(和/英) 有限差分時間領域(FDTD)法 / finite-difference time-domain method  
キーワード(3)(和/英) 導波路型偏波変換器 / waveguide polarization converter  
キーワード(4)(和/英) 金属ストリップ / metal strip  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 陽太 / Yota Sasaki / ササキ ヨウタ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-PN2018-68,IEICE-EMT2018-102,IEICE-OPE2018-177,IEICE-LQE2018-187,IEICE-EST2018-115,IEICE-MWP2018-86 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.396(PN), no.397(EMT), no.398(OPE), no.399(LQE), no.400(EST), no.401(MWP) 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2019-01-10,IEICE-EMT-2019-01-10,IEICE-OPE-2019-01-10,IEICE-LQE-2019-01-10,IEICE-EST-2019-01-10,IEICE-MWP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会