電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 10:20
Flex EthernetおよびOTNを用いた中長距離リンク状態監視方式の提案および実装
田中貴章桑原世輝小林正啓NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ルータから光伝送装置へ収容するEthernetクライアントの大容量化および多様化を背景として,固定レートである100GbEの物理リンクを論理的に束ね,物理リンクに依存しない容量の論理リンクを構成することにより,クライアントを柔軟かつ高効率に収容するFlex Ethernetが標準化されている.我々はこれまで,Flex Ethernetに収容されているクライアント単位でリンク状態を監視する方式を提案し実証してきた.本稿では,リンクの状態監視範囲を,OTN区間を含む中長距離リンクに拡張し,ビット誤りによるリンク状態の劣化がどの区間で発生し,かつそれがどのクライアントに影響しているかをインラインで特定する方法について提案し,その初期評価について報告する. 
(英) Flex Ethernet has been standardized with the situations of increase of capacity and diversification of Ethernet clients coming from routers to optical terminals. It flexibly and efficiently accommodates wide variety of client traffic into a logical link which consists of multiple Ethernet physical links. So far we have proposed and verified a Flex Ethernet link state monitoring method, which monitors channelized links in the Flex Ethernet link by using error monitoring information. In this report, we extended the scope of monitoring range from mid-/long-distance including OTN span. We proposed and reported the implementation of an in-line monitoring method that identifies the span and client that are affected by the degradation of transmission quality.
キーワード (和) Flex Ethernet / OTN / リンク状態監視 / イーサネット / / / /  
(英) Flex Ethernet / OTN / Link State Monitoring / Ethernet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 394, OCS2018-79, pp. 61-64, 2019年1月.
資料番号 OCS2018-79 
発行日 2019-01-10 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall (Ishigaki Island) 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2019-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Flex EthernetおよびOTNを用いた中長距離リンク状態監視方式の提案および実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal and Implementation of Mid/Long-distance Link State Monitoring Using Flex Ethernet and OTN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Flex Ethernet / Flex Ethernet  
キーワード(2)(和/英) OTN / OTN  
キーワード(3)(和/英) リンク状態監視 / Link State Monitoring  
キーワード(4)(和/英) イーサネット / Ethernet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴章 / Takafumi Tanaka / タナカ タカフミ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 世輝 / Seiki Kuwabara / クワバラ セイキ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正啓 / Shoukei Kobayashi / コバヤシ ショウケイ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2018-79 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.394 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会