電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-18 10:10
マルチユーザMIMOシステムにおけるブロックMSN法の特性解析と改善
菊間信良米津宏亮榊原久二男名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルチユーザMIMO(Multi-User Multiple Input and Multiple Output: MU-MIMO)通信の下り回線用の線形制御技術の1つとして,ブロック対角化(Block Diagonalization: BD)法がよく知られている.この手法は,ユーザ間の干渉を除去するように送信ウエイトを決定している.また,干渉除去に加えて,自ユーザ信号の利得向上を図り送信ウエイトを決定するブロック最大SNR(Block Maximum Signal-to-Noise ratio: BMSN)法が提案されている.BMSN法は,特長の1つとして,擬似雑音を用いて干渉に対するヌルの深さを制御する機能を有する.本稿では,BMSN法の受信SINR (Signal-to-Interference-plus-Noise Ratio) 特性を解析し,更なる性能向上を目指した改良法を幾つか提案する.計算機シミュレーションを通して,提案されたBMSN法はどれもBD法より優れた特性をもち,かつMIMOの固有チャネル形成法において個々に特徴をもつことを示す. 
(英) As a method of implementing MU-MIMO (Multi-User Multiple Input and Multiple Output) downlink, Block Diagonalization (BD) algorithm is well known in which the transmission weights are determined to completely cancel interference between multiple user terminals. On the other hand, Block Maximum Signal-to-Noise ratio (BMSN) algorithm was proposed which determines the transmission weights to enhance the gain for each user terminal in addition to the interference cancellation. As a feature, BMSN has a pseudo-noise for controlling the null depth to the interference. In this paper, we make the performance analysis of BMSN algorithm in terms of receive SINR (Signal-to-Interference-plus-Noise Ratio) , and propose some kinds of modified BMSN algorithms to enhance further the performance. Via computer simulation, it is demonstrated that the proposed BMSN algorithms outperform BD algorithm and also they have individual features in forming the eigen channels of MIMO.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / ブロックビームフォーミング / BD法 / BMSN法 / 受信SINR / / /  
(英) Multi-user MIMO / Block beamforming / BD algorithm / BMSN algorithm / Receive SINR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-158, pp. 39-44, 2019年1月.
資料番号 AP2018-158 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) マルチユーザMIMOシステムにおけるブロックMSN法の特性解析と改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis and Improvement of Block MSN Algorithm in Multi-user MIMO System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / Multi-user MIMO  
キーワード(2)(和/英) ブロックビームフォーミング / Block beamforming  
キーワード(3)(和/英) BD法 / BD algorithm  
キーワード(4)(和/英) BMSN法 / BMSN algorithm  
キーワード(5)(和/英) 受信SINR / Receive SINR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米津 宏亮 / Kousuke Yonezu / ヨネヅ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-18 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-158 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会