電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 11:35
[依頼講演]Ka帯衛星通信における動的な降雨強度および降雨減衰モデル
中澤勇夫新垣吉也鈴木健治菅 智茂川崎和義豊嶋守生高橋 卓NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 国際的なインターネットアクセスの超高速化、特にアジア・太平洋地域の無線周波数バンド Ka 帯を用いた超高速インターネット衛星(WINDS)の実現を目指した研究プロジェクトが進められ、地球局のグローバルサービスを実現するため移動体向け衛星通信システム(ESIM:Earth station in motion)がITU-Rで審議され周波数割り当てが進められている。
このため、機器の動的な配置に対しては位置認識が重要であり、無線周波数Ka帯を用いた衛星通信では雨による電波減衰が通信回線に影響を与えるため、 滑らかな通信を行うためには降雨減衰と降雨強度の動的な降雨減衰モデルが有効である。WINDS プロジェクトでは 2008 年以来降雨量強度の測定データと Ka 帯受信レベル変動のデータの測定を行っている。本発表ではレインセルモデルの時間軸上の変化から降雨域の立体的なレインセルを提案し、レイインセルの幾何学的な構造および、統計的な分布から推定して動的な降雨減衰モデルを報告する。 
(英) National Institute of Information and Communications Technology is advancing research projects to realize ultrahigh-speed communication of international Internet access such as Wideband Internet Technology Test Demo Satellite (WINDS) using Ka band in the Asia-Pacific region. In ITU-R, in order torealize global service, service of satellite communication system for mobile of Ka band mobile station (ESIM: Earth station in motion) using Ka band has been studied.
The recognition is important for dynamic placement of equipment. Especially, in satellite communication using radio frequency Ka band, radio wave attenuation due to rain affects communication line, therefore dynamic rain attenuation model of rainfall amount and rainfall is required to perform smooth communication.
The WINDS project measures measurement data of rain-fall intensity and data of Ka band reception level fluctuation since 2008. In this presentation, we propose a rain attenuation model corresponding to the mobile earth station and verify its characteristics.
キーワード (和) Ka帯衛星通信 / WINDS衛星 / 降雨減衰 / 降雨強度 / 動的降雨減衰モデル / 動的降雨強度モデル / /  
(英) Ka band satellite communication / WINDS satellite communication / Rainfall attenuation / Rrainfall intensity / Rain attenuation model / Rainfall intensity model / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-155, pp. 23-28, 2019年1月.
資料番号 AP2018-155 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ka帯衛星通信における動的な降雨強度および降雨減衰モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic rainfall intensity and rain attenuation model in Ka band satellite communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ka帯衛星通信 / Ka band satellite communication  
キーワード(2)(和/英) WINDS衛星 / WINDS satellite communication  
キーワード(3)(和/英) 降雨減衰 / Rainfall attenuation  
キーワード(4)(和/英) 降雨強度 / Rrainfall intensity  
キーワード(5)(和/英) 動的降雨減衰モデル / Rain attenuation model  
キーワード(6)(和/英) 動的降雨強度モデル / Rainfall intensity model  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 勇夫 / Isao Nakazawa / ナカザワ イサオ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新垣 吉也 / Yoshiya Arakaki / アラカキ ヨシヤ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健治 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 智茂 / Tomoshige Kan / カン トモシゲ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 和義 / KazuKazuyoshi Kawasaki / カワサキ カズヨシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 卓 / Takashi Takahashi / タカハシ タカシ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 11:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-155 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会