電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 15:30
光ファイバ中の誘導の誘導ブリルアン散乱を用いた光パルス圧縮
木曽一志松本正行和歌山大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 主として液体中の誘導ブリルアン散乱を用いることによって、サブナノ秒の高エネルギーパルス圧縮が可能であることが示されてきた。これらのパルス圧縮では、媒質内でレーザービームを集光することにより、集光点近くで発生する自然ブリルアン散乱を種として誘導ブリルアン散乱によるパルス圧縮が引き起こされる。光ファイバを非線形媒質として用いる場合は、種々の変調操作を用いることで自然ブリルアン散乱に頼らずにパルス圧縮を開始させることができ、高効率、高安定なパルス圧縮が実現される。今回報告する実験では、時間幅1 µsの光を時間幅14.6 ns,ピーク電力14 Wに圧縮できることを確認した.また,入射ストークス光の時間幅がフォノン寿命(約5ns)より小さい場合、百数十psへのパルス圧縮の可能性があることを数値解析によって示した. 
(英) It has been shown that sub - nanosecond high - energy pulse compression is possible by using stimulated Brillouin scattering in liquids. In these systems, pulse compression is initiated by stimulated Brillouin scattering with spontaneous Brillouin scattering occurring near the focal point of the focused laser beam input to the Brillouin cells. When an optical fiber is used as a nonlinear medium, pulse compression can be started without relying on spontaneous Brillouin scattering by using various modulation operations, so that high efficiency, highly stable pulse compression is realized. In this study, we confirmed that pump wave of 1 μs duration can be compressed to 14.6 ns width and a peak power of 14 W. Numerical analysis also shows the possibility of pulse compression to hundreds of ps when the time width of the incident Stokes wave is shorter than the phonon lifetime.
キーワード (和) 光ファイバ / 非線形効果 / 誘導ブリルアン散乱 / 光パルス圧縮 / / / /  
(英) Optical fiber / nonlinear optics / stimulated Brillouin scattering / optical pulse compression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 399, LQE2018-170, pp. 119-122, 2019年1月.
資料番号 LQE2018-170 
発行日 2019-01-10 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN EMT OPE EST MWP LQE IEE-EMT  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2019-01-PN-EMT-OPE-EST-MWP-LQE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバ中の誘導の誘導ブリルアン散乱を用いた光パルス圧縮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical pulse compression using stimulated Brillouin scattering in optical fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 非線形効果 / nonlinear optics  
キーワード(3)(和/英) 誘導ブリルアン散乱 / stimulated Brillouin scattering  
キーワード(4)(和/英) 光パルス圧縮 / optical pulse compression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木曽 一志 / Hitoshi Kiso / キソ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 正行 / Masayuki Matumomto / マツモト マサユキ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-PN2018-51,IEICE-EMT2018-85,IEICE-OPE2018-160,IEICE-LQE2018-170,IEICE-EST2018-98,IEICE-MWP2018-69 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.396(PN), no.397(EMT), no.398(OPE), no.399(LQE), no.400(EST), no.401(MWP) 
ページ範囲 pp.119-122 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2019-01-10,IEICE-EMT-2019-01-10,IEICE-OPE-2019-01-10,IEICE-LQE-2019-01-10,IEICE-EST-2019-01-10,IEICE-MWP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会