お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 10:00
電磁界結合型2分の1波長共振器フィルタの開発
清水彩加石崎俊雄龍谷大ED2018-70 MW2018-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2018-70 MW2018-137
抄録 (和) 近年,基地局フィルタの小型化,高性能化が重要視されている.フィルタでは通過帯域近傍に減衰極を形成すると帯域外の減衰が急峻になり,高選択性が得られる.その結果,少ない段数で同等の性能を有するフィルタを作成することが可能となり,フィルタの小型化ができる.今回,並行結合線路型2分の1波長共振器を用いて複数の減衰極を生成する有極型フィルタを検討した.従来のフィルタは飛び越し結合によって減衰極を形成することが多いが,このフィルタでは共振器間の電磁結合を利用して減衰極を生成する. 本報告では電磁界結合型2分の1波長共振器フィルタの設計法を示すと共に,具体的なフィルタ特性の設計例と試作例を示し,本フィルタの有効性を実証する. 
(英) In recent years, miniaturization and high performance of base station filters are regarded as important. In a filter, by forming attenuation poles in the vicinity of pass band, attenuation outside the pass band becomes steep and high selectivity is obtained. As a result, it is possible to create a filter having equivalent performance with a smaller number of stages. Thus, filter can be miniaturized. This time, we investigated a filter that generates multiple attenuation poles using a coupled-line half-wavelength resonator. Conventional filters often form attenuation poles by cross-coupling, but this filter creates attenuation poles by utilizing electromagnetic coupling between resonators. In this report, the design method of electromagnetically-coupled half-wavelength resonator filter is explained, and the design examples and the prototype filters with concrete filter specifications are shown to demonstrate the effectiveness of this filter.
キーワード (和) 基地局フィルタ / 減衰極 / 2分の1波長 / 結合共振器 / / / /  
(英) Base-station filter / Attenuation pole / Half-wavelength / Coupled-resonator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 403, MW2018-137, pp. 7-12, 2019年1月.
資料番号 MW2018-137 
発行日 2019-01-10 (ED, MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2018-70 MW2018-137 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2018-70 MW2018-137

研究会情報
研究会 MW ED  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 日立中研 
開催地(英) Hitachi, Central Research Lab. 
テーマ(和) 化合物半導体ICおよび超高速・超高周波デバイス/マイクロ波/一般 
テーマ(英) Compound semiconductor, High speed and High frequency devices/Microwave technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-01-MW-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁界結合型2分の1波長共振器フィルタの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Electromagnetically-Coupled Half-Wavelength Resonator Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局フィルタ / Base-station filter  
キーワード(2)(和/英) 減衰極 / Attenuation pole  
キーワード(3)(和/英) 2分の1波長 / Half-wavelength  
キーワード(4)(和/英) 結合共振器 / Coupled-resonator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 彩加 / Ayaka Shimizu / シミズ アヤカ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊雄 / Toshio Ishizaki / イシザキ トシオ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-ED2018-70,IEICE-MW2018-137 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.402(ED), no.403(MW) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2019-01-10,IEICE-MW-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会