電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 16:25
[依頼講演]無損失イミタンス変換における不変量
大平 孝豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 受動素子から成る2ポート回路はイミタンスを変換する作用がある。特に回路が無損失ならば変換の 前後で値が不変となる物理量が存在する。無損失2ポート回路を負荷に接続した系を汎用的なブロック図で示す。 回路を介して負荷をみたイミタンスと負荷自体のイミタンスは互いにメビウス変換の関係にある。前者が50オーム に整合するように回路を設計する。その後、後者が変動すると回路の入力ポートで反射が生じる。その反射係数 の絶対値は回路自体のパラメータにまったく依存せず、負荷の変動量だけで決まる。これを一般化反射係数と呼 ぶ。一般化反射係数は反射波を観測する基準イミタンスにも無関係であり、イミタンス変動量の指標として汎用的 普遍的である。 
(英) A passive two-port network behaves as an immittance converter. Especially when the network is purely reactive, there exists a physical quantity that is invariant over the conversion. We consider a linear system consisting of a lossless two-port network and a load shown in a block diagram. The converted immittance and the original that of load are mathematically related to each other by Möbius transform. Assume that the network is intended to make the former match 50 ohm. Then imagine the latter deviates in its immittance for any reason. It leads to power reflection at the input port. A key theorem we find here is that the reflection coefficient modulus is only due to how the load deviates, and never depends on the network properties. This modulus is therefore called generalized reflection coefficient. It works as a versatile index to assess immittance deviation.
キーワード (和) 回路理論 / メビウス変換 / イミタンス / 整合 / 反射係数 / 負荷変動 / 不変量 /  
(英) circuit theory / Möbius transform / immittance / matching / reflection / load variation / invariance /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 391, WPT2018-58, pp. 25-26, 2019年1月.
資料番号 WPT2018-58 
発行日 2019-01-10 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無損失イミタンス変換における不変量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Invariant in Reactive Immittance Conversion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回路理論 / circuit theory  
キーワード(2)(和/英) メビウス変換 / Möbius transform  
キーワード(3)(和/英) イミタンス / immittance  
キーワード(4)(和/英) 整合 / matching  
キーワード(5)(和/英) 反射係数 / reflection  
キーワード(6)(和/英) 負荷変動 / load variation  
キーワード(7)(和/英) 不変量 / invariance  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 16:25:00 
発表時間 50 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.391 
ページ範囲 pp.25-26 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-WPT-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会