電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 10:15
[依頼講演]都市部スケールモデルを用いた衛星通信におけるクラッター損失の検討
石本克月齊藤弘起市坪信一九工大)・表 英毅ソフトバンク)・藤井輝也東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 衛星や航空機による通信と携帯電話システム等の陸上移動通信との共用を図るために、地物による損失(クラッター損失)の検討がITU-R SG3で進められている。クラッター損失の仰角特性を明らかにするために、基礎検討とスケールモデルの測定方法の検討、及びスケールモデル測定を行った。従来のマイクロセル推定式を用いて仰角とクラッター損失との関係を求めた。また、1/125の均一な都市モデルと小倉地区のスケールモデルを用いて仰角に対するクラッター損失を測定した。得られた結果をITU-R勧告P.2108のモデルと比較した。 
(英) In order to promote common use with a satellite or an airplane communication and land mobile communications such as a cellular system, the examination of the loss (clatter loss) which occurs with a buildings etc. is advanced by ITU-R SG3. In order to clarify the elevation angle characteristics of a clatter loss, basic examination was performed and the measurement using scale models were performed. The relation between a clatter loss and an elevation angle was derived using the conventional prediction equation for path loss in microcell. Moreover, the excess loss against an elevation angle was measured using 1/125 scale models of uniform urban model and the Kokura area model. The obtained results were compared with the ITU-R P.2108 model.
キーワード (和) 電波伝搬 / 伝搬損失 / クラッター損失 / スケールモデル / 仰角特性 / / /  
(英) Radio Propagation / Propagation Loss / Clutter Loss / Scale Model / Elevation Angle Characteristic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 390, AP2018-151, pp. 1-6, 2019年1月.
資料番号 AP2018-151 
発行日 2019-01-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT AP  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) トヨタ博物館 
開催地(英) Toyota Automobile Museum 
テーマ(和) 無線電力伝送,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Wireless transmission technology, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-01-WPT-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 都市部スケールモデルを用いた衛星通信におけるクラッター損失の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Clutter Losses for Satellite Communications using Urban Areas Scale Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失 / Propagation Loss  
キーワード(3)(和/英) クラッター損失 / Clutter Loss  
キーワード(4)(和/英) スケールモデル / Scale Model  
キーワード(5)(和/英) 仰角特性 / Elevation Angle Characteristic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石本 克月 / Katsuki Ishimoto / イシモト カツキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 弘起 / Saito Koki / サイトウ コウキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 市坪 信一 / Ichitsubo Shinichi / イチツボ シンイチ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 英毅 / Omote Hideki / オモテ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp. (略称: SoftBank)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 輝也 / Hujii Teruya / フジイ テルヤ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 10:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-151 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会