電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-17 10:30
積層閉リング共振器アレイを用いた相対位置変位による実効屈折率の動的変調
渡邉裕貴松井龍之介三重大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近年、従来の光学応答を超えてエキゾチックな光学機能を発揮できるメタマテリアルが盛んに研究されている。メタマテリアルの共振特性にチューナビリティを付加するアプローチの1つとして、積層されたメタマテリアルまたはメタサーフェスの相対位置を変化させることが報告されている。我々は、積層閉リング共振器アレイを用いた相対位置を変化させることによる実効屈折率のチューナブルな変調を検証した。正から負へ負から正へ、ゼロ近傍から正および負へと実効屈折率を幅広く変調できることを数値的に示した。我々のアプローチは、新しいタイプの光学素子を開発するために利用することができるだろう。 
(英) Metamaterials, which can show novel optical functionalities beyond conventional optics, has been actively studied in recent years. As one of approaches to add tunability on resonant characteristics of metamaterials, slightly shifting relative position of stacked metamaterials or metasurfaces has been reported. We have verified that the tunable modulation of the effective refractive index based on double-layered closed-ring resonator arrays is possible by changing the relative position of them. It is numerically shown that the effective refractive index can be widely modulated; from positive to negative, from negative to positive, from near zero to positive or negative values. Our approach could be used to develop new types of optical elements.
キーワード (和) メタマテリアル / 閉リング共振器 / 実効屈折率 / テラヘルツ / 数値シミュレーション / / /  
(英) Metamaterials / Closed-ring resonator / Effective refractive index / Terahertz / Numerical simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 398, OPE2018-142, pp. 13-18, 2019年1月.
資料番号 OPE2018-142 
発行日 2019-01-10 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN EMT OPE EST MWP LQE IEE-EMT  
開催期間 2019-01-17 - 2019-01-18 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka University Nakanoshima Center 
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2019-01-PN-EMT-OPE-EST-MWP-LQE-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 積層閉リング共振器アレイを用いた相対位置変位による実効屈折率の動的変調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active tuning of effective refractive index based on relative displacement of double-layered closed-ring resonator arrays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタマテリアル / Metamaterials  
キーワード(2)(和/英) 閉リング共振器 / Closed-ring resonator  
キーワード(3)(和/英) 実効屈折率 / Effective refractive index  
キーワード(4)(和/英) テラヘルツ / Terahertz  
キーワード(5)(和/英) 数値シミュレーション / Numerical simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 裕貴 / Yuki Watanabe / ワタナベ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 龍之介 / Tatsunosuke Matsui / マツイ タツノスケ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-17 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-PN2018-33,IEICE-EMT2018-67,IEICE-OPE2018-142,IEICE-LQE2018-152,IEICE-EST2018-80,IEICE-MWP2018-51 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.396(PN), no.397(EMT), no.398(OPE), no.399(LQE), no.400(EST), no.401(MWP) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2019-01-10,IEICE-EMT-2019-01-10,IEICE-OPE-2019-01-10,IEICE-LQE-2019-01-10,IEICE-EST-2019-01-10,IEICE-MWP-2019-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会