電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-16 10:50
最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 最近の「製品寿命の低下」「消費者ニーズの多様化」などに伴う需要の変化に対応する生産システムの構 築が望まれている.本報告では,最適速度交通流モデルに基づいた生産ラインモデル[Konishi, Eur. J. Oper. Res, 2010] を並列化ならびに多段化させたモデルを提案する.特に,並列工程間での製品生産量のバランスを決める分配 パラメータの設計指針を示す.この指針では周波数伝達関数とH∞ ノルムによる生産速度の評価に基づいて設計を行 う.その結果,生産ラインの停止を起こさず,工程全体の生産速度を高めることができる.さらに,この指針の有効 性を数値例で確認する. 
(英) Recently, there is a need to implement production systems which can adapt to changing demand. This report proposes a multi-stage parallel production line model, which is an extension of the previous model [Konishi, Eur. J. Oper. Res, 2010] based on an optimal velocity traffic model. In addition, the design procedure of the distri- bution ratio between two parallel processes is provided. The frequency domain analysis and H-infinity norm are used to design the distribution ratio. The production line with the designed ratio well can produce products efficiently without causing congestion and empty of products. The design procedure is verified by numerical examples.
キーワード (和) 交通流モデル / 生産ラインダイナミクス / 設備の故障 / H∞ ノルム / ロバスト性 / / /  
(英) optimal velocity traffic model / production system dynamics / equipment failure / H_inf norm / robustness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 384, MSS2018-70, pp. 85-90, 2019年1月.
資料番号 MSS2018-70 
発行日 2019-01-08 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2019-01-15 - 2019-01-16 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2019-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of distribution ratio on a multi-stage parallel production line based on an optimal velocity traffic model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 交通流モデル / optimal velocity traffic model  
キーワード(2)(和/英) 生産ラインダイナミクス / production system dynamics  
キーワード(3)(和/英) 設備の故障 / equipment failure  
キーワード(4)(和/英) H∞ ノルム / H_inf norm  
キーワード(5)(和/英) ロバスト性 / robustness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 徹 / Toru Sano / サノ トオル
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 岳大 / Takehiro Itou / イトウ タケヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 永哉 / Hisaya Wakayama / ワカヤマ ヒサヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-16 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2018-70,IEICE-SS2018-41 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.384(MSS), no.385(SS) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2019-01-08,IEICE-SS-2019-01-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会