電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-16 10:30
電流共振全波形プッシュプルコンバータの定常状態解析
奥 雅貴田中哲郎鹿児島大EE2018-38
抄録 (和) DC-DCコンバータの小型化,軽量化,高効率化を可能にしているのがソフトスイッチング技術であり,代表的なものとして共振形コンバータがある.本報告では,共振形コンバータの一種である電流共振全波形プッシュプルコンバータを取り上げ,変圧器の励磁電流及び内部損失を考慮した定常状態における動作解析の結果を報告する.加えて,このコンバータの基本的な動作特性の実験結果についても報告する. 
(英) Soft switching technology makes it possible to make DC-DC converters smaller, lighter, and more efficient, resonant converters are representative one. We take up a current-resonant full-wave push-pull converter which is a kind of resonant converter, and report the results of the steady-state analysis, taking account of magnetizing current of the transformer and internal losses. In additionally, we report the experimental results of the basic operating characteristics of this converter.
キーワード (和) 共振形コンバータ / 励磁電流 / 内部損失 / 拡張状態平均化法 / / / /  
(英) resonant converter / magnetizing current / internal losses / extended state-space averaging method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 387, EE2018-38, pp. 1-6, 2019年1月.
資料番号 EE2018-38 
発行日 2019-01-09 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2018-38

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2019-01-16 - 2019-01-17 
開催地(和) 熊本市国際交流会館 
開催地(英) KCIC 
テーマ(和) 回路技術及び高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英) DC/DC converter, New circuit for power conversion and control, others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2019-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電流共振全波形プッシュプルコンバータの定常状態解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Steady-State Analysis of Current-Resonant Full-Wave Push-Pull Converter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 共振形コンバータ / resonant converter  
キーワード(2)(和/英) 励磁電流 / magnetizing current  
キーワード(3)(和/英) 内部損失 / internal losses  
キーワード(4)(和/英) 拡張状態平均化法 / extended state-space averaging method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥 雅貴 / Masataka Oku / オク マサタカ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 哲郎 / Tetsuro Tanaka / タナカ テツロウ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-16 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2018-38 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EE-2019-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会