お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-16 11:00
太陽電池ストリング測定データを用いたストリング回路モデルパラメータ推定による故障検出
原 重臣嘉数 誠佐賀大EE2018-39
抄録 (和) メガソーラー発電所のストリング故障検出、故障種類判別を目標にする。メガソーラー発電所で実用的に測定可能なストリングの直流電圧・電流および気象測定データを用いる。太陽電池セルのレベルからモデル化した回路モデルのパラメータを、この測定データから推定する。セル直列抵抗や並列抵抗の推定値から、故障の種類まで判別することを目的にする。推定方法としては、ストリングの測定電流・電圧と、モデルの電流電圧特性との誤差を最小化するようにパラメータを推定する。 
(英) We aim at detecting faults and recognizing those sorts for photovoltaic strings in mega solar power plants. We use measurement data of direct voltages and currents of strings and meteorological signals, which are available with relatively low cost. We propose a circuit model of strings, which are constructed from the level of photovoltaic cells. The parameters of the model are estimated with the measurement data. We expect the estimated parameters can inform us even the sort of faults. Our estimation method comprises of procedures of minimizing an error function between the IV curve of the model and the measurement data.
キーワード (和) 太陽光発電 / メガソーラー / 回路モデル / 故障検出 / / / /  
(英) Photovoltaics / Mega watt solar power plant / Circuit model / Fault detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 387, EE2018-39, pp. 7-11, 2019年1月.
資料番号 EE2018-39 
発行日 2019-01-09 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2018-39

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2019-01-16 - 2019-01-17 
開催地(和) 熊本市国際交流会館 
開催地(英) KCIC 
テーマ(和) 回路技術及び高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英) DC/DC converter, New circuit for power conversion and control, others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2019-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 太陽電池ストリング測定データを用いたストリング回路モデルパラメータ推定による故障検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fault detection of photovoltaic strings using parameter estimation of string circuit model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 太陽光発電 / Photovoltaics  
キーワード(2)(和/英) メガソーラー / Mega watt solar power plant  
キーワード(3)(和/英) 回路モデル / Circuit model  
キーワード(4)(和/英) 故障検出 / Fault detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 重臣 / Shigeomi Hara / ハラ シゲオミ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嘉数 誠 / Makoto Kasu / カスウ マコト
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-16 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2018-39 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2019-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会