電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-11 14:25
[招待講演]深度画像を用いた嚥下機能評価とリハビリ支援
杉本千佳横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超高齢化が進む中、飲み込む動作に障害が起きる嚥下障害を持つ高齢者の増加が懸念される。嚥下障害が起こる原因として、「加齢」「病気」「心因的要因」の三つがあげられる。一人暮らしや孤食が増える中では、嚥下機能低下や障害の予兆を早期に捉えることが難しくなる。よって、嚥下障害の予防や嚥下機能の維持・回復に効果的な嚥下リハビリテーションの支援機能や、専門家による対面での直接診断によらず日常環境下で簡易的に嚥下機能を評価する方法が必要と考えられる。嚥下機能を適正に診断するためには、一般的にまず問診、視診および触診、スクリーニング検査が行われ、障害が疑われた場合はさらに専門機器による精密検査が行われる。本講演では、非侵襲・非接触で簡易に計測可能なDepth画像およびRGB画像を用いて、喉頭挙上の状態をもとに嚥下機能を評価する手法を示す。また、嚥下リハビリの間接訓練として呼吸筋の強化のために行う腹式呼吸を評価する手法について紹介する。 
(英) There are growing concerns about the increased number of the elderly with deglutition disorder as the super-aging of the population has been advancing. Deglutition disorder is caused by aging, disease, and psychological factors. It becomes more difficult to detect the decreased swallowing function and predictor of disorder in an early stage since there are more elderly people who live and eat alone. It is therefore considered necessary to develop the support functions for the dysphagia rehabilitation which is effective in preventing deglutition disorder and maintaining and recovering swallowing function and the method to easily evaluate swallowing function in daily environments without requiring a face-to-face diagnosis by a medical expert. History taking, inspection and palpation, and screening tests are generally conducted first in order to evaluate swallowing function properly. A complete exam is further performed using a sophisticated equipment when the patients are diagnosed as possibly having disorder. In this speech I present the method to evaluate swallowing function based on the state of laryngeal elevation using depth and RGB images that can be easily measured in a non-invasive and non-contact way. Moreover, the method to evaluate abdominal breathing, which is performed as indirect therapy of dysphagia rehabilitation for strengthening respiratory muscles, is introduced.
キーワード (和) 深度画像 / 嚥下機能 / リハビリテーション / ヘルスケア支援 / / / /  
(英) Depth image / Swallowing function / Rehabilitation / Healthcare support / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 383, MICT2018-62, pp. 17-17, 2019年1月.
資料番号 MICT2018-62 
発行日 2019-01-04 (MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MICT  
開催期間 2019-01-11 - 2019-01-11 
開催地(和) 明治大学 駿河台キャンパス 
開催地(英) Meiji Universtiy (Surugadai Campus) 
テーマ(和) ヘルスケア・医療情報通信技術,一般 (12日(土)にシンポジウムを開催します。「詳細はこちら」をご覧ください。) 
テーマ(英) Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2019-01-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度画像を用いた嚥下機能評価とリハビリ支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Swallowing Function and Rehabilitation Support using Depth Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 深度画像 / Depth image  
キーワード(2)(和/英) 嚥下機能 / Swallowing function  
キーワード(3)(和/英) リハビリテーション / Rehabilitation  
キーワード(4)(和/英) ヘルスケア支援 / Healthcare support  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 千佳 / Chika Sugimoto / スギモト チカ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-11 14:25:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2018-62 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.383 
ページ範囲 p.17 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-MICT-2019-01-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会