お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-25 14:00
Emotions detection scheme using facial skin temperature and heart rate
Kahil Mustafa Jamal SEiji KamiokaSITMoNA2018-47
抄録 (和) The main aim of this study is to detect emotions based on facial skin temperature and Heart Rate (HR) Using thermals camera, HR monitor and machine learning techniques. The emotions targeted in this paper are Relax, Fear, Sadness, and Joy. An experiment was conducted with 20 healthy subjects (10 females and 10 males, 20 to 31 years old). Both visual and auditory media were used to induce these emotions in the experiment.
Five points on the face were focused on, which are: nose, glabellar line (between the eyes and eyebrows), right/left cheeks, and the chin as well as the HR of the subjects. To determine the emotion, Artificial Neural Network (ANN) was used as a classifier and it achieved the accuracy of 85% with Multilayer Perceptron (MLP) as a classifier. This mechanism proves that facial skin temperature and HR can be a good indicator of the changes in humans? emotions state. 
(英) The main aim of this study is to detect emotions based on facial skin temperature and Heart Rate (HR) Using thermals camera, HR monitor and machine learning techniques. The emotions targeted in this paper are Relax, Fear, Sadness, and Joy. An experiment was conducted with 20 healthy subjects (10 females and 10 males, 20 to 31 years old). Both visual and auditory media were used to induce these emotions in the experiment.
Five points on the face were focused on, which are: nose, glabellar line (between the eyes and eyebrows), right/left cheeks, and the chin as well as the HR of the subjects. To determine the emotion, Artificial Neural Network (ANN) was used as a classifier and it achieved the accuracy of 85% with Multilayer Perceptron (MLP) as a classifier. This mechanism proves that facial skin temperature and HR can be a good indicator of the changes in humans? emotions state.
キーワード (和) Emotions detection / Facial skin temperature / Artificial neural network(ANN) / Thermals camera / Machine learning / Heart rate (HR) / /  
(英) Emotions detection / Facial skin temperature / Artificial neural network(ANN) / Thermals camera / Machine learning / Heart rate (HR) / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 378, MoNA2018-47, pp. 49-54, 2018年12月.
資料番号 MoNA2018-47 
発行日 2018-12-18 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2018-47

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2018-12-25 - 2018-12-25 
開催地(和) 芝浦工大豊洲キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-12-MoNA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Emotions detection scheme using facial skin temperature and heart rate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Emotions detection / Emotions detection  
キーワード(2)(和/英) Facial skin temperature / Facial skin temperature  
キーワード(3)(和/英) Artificial neural network(ANN) / Artificial neural network(ANN)  
キーワード(4)(和/英) Thermals camera / Thermals camera  
キーワード(5)(和/英) Machine learning / Machine learning  
キーワード(6)(和/英) Heart rate (HR) / Heart rate (HR)  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Kahil Mustafa Jamal S / Kahil Mustafa Jamal S /
第1著者 所属(和/英) Shibaura institute of technology (略称: SIT)
Shibaura institute of technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Eiji Kamioka / Eiji Kamioka /
第2著者 所属(和/英) Shibaura institute of technology (略称: SIT)
Shibaura institute of technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-25 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2018-47 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2018-12-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会