電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-25 11:05
カオス理論によるTCP/UDP混在環境におけるトラヒック予測方式
鈴木奈保人宮田純子芝浦工大MoNA2018-43
抄録 (和) ストリーミング通信の多様化に伴い,TCPとUDPの混在環境におけるトラヒック予測の需要が高まって きている.そのため,ネットワーク上を流れる通信トラヒックを予測する試みは既存研究において様々な方式が提案 されている.しかし,これらの手法は定常的なトラヒックにしか適用することができず,該当トラヒックの予測まで の時間が長期的にかかるものが多かった.一方で,インターネット上のトラヒック量は常に大きく変動することが報 告されているため,予測までの時間は出来る限り短くする必要がある.そこで,本研究ではネットワーク上を流れる 通信トラヒックにカオスの特徴である自己相似性が見られると指摘されていることに注目し[1],決定論的非線形予測 の性質を用いることでネットワークトラヒックの短期予測が可能であることを示す.また,シミュレータ上の端末30 台程度のクライアントサーバモデルによるトラヒックデータからカオスが発生することを示し,トラヒック予測を行 うことで有効性を示す. 
(英) With the diversification of streaming communication, we need to predict network traffic in a mixed environment of TCP and UDP. Therefore, various schemes for predicting streaming traffic flowing over a network have been proposed. However, these methods can only be applied to steady state traffic, and take much time to predict the traffic. On the other hand, since it is reported that the amount of Internet traffic always fluctuates greatly, the prediction should be made as shortly as possible. In this paper, it is pointed out that self-similarity which is characteristic of chaos can be seen in network traffic. Moreover, we show that network traffic can be predicted in the short term by using deterministic nonlinear nature. In addition, simulation is performed by using model for 30 client terminals and servers. We show that traffic data occurs chaos. Moreover, we show the effectiveness of this method by using proposed traffic prediction.
キーワード (和) カオス理論 / 局所再構成 / トラヒック予測 / アトラクタ / / / /  
(英) Chaos Theory / Local Reconstruction / Traffic Prediction / Attractor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 378, MoNA2018-43, pp. 25-30, 2018年12月.
資料番号 MoNA2018-43 
発行日 2018-12-18 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2018-43

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2018-12-25 - 2018-12-25 
開催地(和) 芝浦工大豊洲キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-12-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス理論によるTCP/UDP混在環境におけるトラヒック予測方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network traffic prediction method considering chaos theory with TCP and UDP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス理論 / Chaos Theory  
キーワード(2)(和/英) 局所再構成 / Local Reconstruction  
キーワード(3)(和/英) トラヒック予測 / Traffic Prediction  
キーワード(4)(和/英) アトラクタ / Attractor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 奈保人 / Naoto Suzuki / スズキ ナオト
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-25 11:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2018-43 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2018-12-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会