電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-25 10:45
悪意ユーザのトラヒックを制限するDR-MPCP方式におけるパケット平均遅延時間の特性解析
上村智子宮田純子芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光アクセス網ではEPONが多用されている.ONUからOLT方向の上り通信では,MPCPを用いたポーリングで通信の予約を行う.MPCPを用いたEPONの代表的な方式はIPACT(Interleaved Polling with Adaptive Cycle Time)である.しかし,IPACTはパケットの到着タイミングによって,パケットの待ち時間に大きな差が出る問題がある.この通信の送信待ち時間を減少させるため,MPCPにおけるREPORTメッセージの送信タイミングを遅延させる方式(DR-MPCP:Delayed Report messages-MPCP)が提案されているcite{DR-MPCP2}.しかし,この研究の解析は各ONUのウィンドウサイズに上限を設けない方式のみで行われているため,通常より大量のトラヒックを送信し回線を占有するユーザが存在する可能性を考慮していない.そこで,待ち行列理論M/G/1モデルを用いて,DR-MPCPで悪意のあるユーザを制限した平均遅延時間の理論式を導出し,その特性解析を行う. 
(英) In the optical access network, EPON has become widespread. For uplink communication of EPON, communication is reserved by polling from ONU to OLT using MPCP cite{DR-MPCP2}. However, IPACT has a problem: the mean waiting time of arriving packets (mean packet delay) is long. In order to reduce the mean packet delay time of its uplink communication, a method of delaying the transmission timing of the REPORT message in the MPCP (DR-MPCP:Delayed Report messages-MPCP) has been proposed. However, this scheme can not limit the transmission window size of each ONU (gated service). In the real network, the transmission window size should be limited for the fairness of each ONU (limited service). In other words, this research does not take into consideration the possibility that there are users who occupy the line by sending a larger amount of traffic than usual. In this paper, we derive the theoretical expression of the mean packet delay time restricting malicious users using the queuing theory M/G/1 model. Moreover, we analyze the characteristic of mean packet delay.
キーワード (和) Ethernet Passive Optical Network(EPON) / MPCP / DR-MPCP / M/G/1 モデル / 平均遅延 / / /  
(英) Ethernet Passive Optical Network(EPON) / MPCP / DR-MPCP / M/G/1 model / Mean packet delay / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 378, MoNA2018-42, pp. 19-24, 2018年12月.
資料番号 MoNA2018-42 
発行日 2018-12-18 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2018-12-25 - 2018-12-25 
開催地(和) 芝浦工大豊洲キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2018-12-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 悪意ユーザのトラヒックを制限するDR-MPCP方式におけるパケット平均遅延時間の特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characteristic analysis of mean packet delay in DR-MPCP to limit traffic of malicious users 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ethernet Passive Optical Network(EPON) / Ethernet Passive Optical Network(EPON)  
キーワード(2)(和/英) MPCP / MPCP  
キーワード(3)(和/英) DR-MPCP / DR-MPCP  
キーワード(4)(和/英) M/G/1 モデル / M/G/1 model  
キーワード(5)(和/英) 平均遅延 / Mean packet delay  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 智子 / Tomoko Kamimura / カミムラ トモコ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-25 10:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2018-42 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.378 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2018-12-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会