電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-21 15:10
インタリーブ分割多元接続におけるガウス確率伝搬法を用いた大規模信号検出に関する検討
河端 航西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大RCS2018-238
抄録 (和) IoT の進展に伴い,インターネットに接続される機器数の爆発的な増加が予測されている.多元接続技術
のうち,同帯域内でデータを多重するNOMA 技術が注目されている.IDMA はNOMA の一つであり,ユーザ毎に
固有のインタリーバを用いることで,各々のインタリーブパターンから端末の特定を行う.NOMA は非直交な信号の
多重に伴いユーザ間で干渉が発生する.本稿ではAWGN,レイリーフェージングの2 つの環境下で,IDMA 干渉除
去のため,干渉をガウス近似する確率伝搬法を用いてIDMA 送信信号を検出し,誤り率特性の評価を行った.その結
果,LLR の振動を抑えるために制振を利用することで,レイリーフェージング環境下で1000 ユーザまでの信号検出
で良好な結果が得られることがわかった. 
(英) With the progress of IoT, the explosive increase in the number of devices connected to the Internet
is predicted. Among multiple access techniques for the IoT, non-orthogonal multiple access (NOMA) has been attracting attention. Interleave division multiple access (IDMA), which is one of the NOMA techniques, specifies the transmitted data sequence using each unique interleave pattern. The NOMA allows interference between users and thus needs an interference canceller. In this paper, we consider applying belief propagation with Gaussian approximation for interference (GaBP) to detect IDMA signals and evaluate the BER performance under the AWGN and Rayleigh fading channels. The simulation results show that GaBP achieves good BER performance up to 1000 users under the Rayleigh fading channel by using damping to reduce the vibration of LLR.
キーワード (和) IDMA / 確率伝搬法 / インタリーブ多元接続 / 非直交多元接続 / / / /  
(英) IDMA / Gaussian Belief Propagation / Interleave Division Multiple Access / Non-orthogonal Multiple Access / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 372, RCS2018-238, pp. 113-118, 2018年12月.
資料番号 RCS2018-238 
発行日 2018-12-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-238

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2018-12-20 - 2018-12-21 
開催地(和) 尾道市民会館 
開催地(英) Onomichi City Hall 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インタリーブ分割多元接続におけるガウス確率伝搬法を用いた大規模信号検出に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Large-scale Signal Detection with Gaussian Belief Propagation in Interleave Division Multiple Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDMA / IDMA  
キーワード(2)(和/英) 確率伝搬法 / Gaussian Belief Propagation  
キーワード(3)(和/英) インタリーブ多元接続 / Interleave Division Multiple Access  
キーワード(4)(和/英) 非直交多元接続 / Non-orthogonal Multiple Access  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河端 航 / Wataru Kawabata / カワバタ ワタル
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-21 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-238 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会