電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-20 15:40
[依頼講演]LPWAによるIoTソリューションについて
上杉 充パナソニックNS2018-166 RCS2018-227
抄録 (和) LPWAは、長距離伝送可能・低消費電力・アンライセンスバンドでの運用が可能といった利点を持っている反面、低データレート・長レイテンシ・非専用周波数帯の使用という制約がある。本稿では、このようなLPWAの特徴を活かしたソリューションの検討結果を示す。検討結果のうち、試作装置による実証実験を行っているものについては、その状況も紹介する。 
(英) Although LPWA has advantages such as long distance transmission possible, low power consumption and operation in unlicensed band, it has limitation of using low data rate, long latency, non-dedicated frequency band. In this paper, we show the result of examining solutions that make use of the features of LPWA like this. Of the results of the examination, we will also introduce the circumstances of those that are conducting demonstration experiments using prototype equipment.
キーワード (和) LPWA / IoT / ソリューション / サイネージ / / / /  
(英) LPWA / IoT / Solutions / Signage / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 372, RCS2018-227, pp. 53-58, 2018年12月.
資料番号 RCS2018-227 
発行日 2018-12-13 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-166 RCS2018-227

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2018-12-20 - 2018-12-21 
開催地(和) 尾道市民会館 
開催地(英) Onomichi City Hall 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LPWAによるIoTソリューションについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) IoT Solutions used LPWA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) ソリューション / Solutions  
キーワード(4)(和/英) サイネージ / Signage  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上杉 充 / Mitsuru Uesugi / ウエスギ ミツル
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-20 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2018-166,IEICE-RCS2018-227 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.371(NS), no.372(RCS) 
ページ範囲 pp.47-52(NS), pp.53-58(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-12-13,IEICE-RCS-2018-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会