電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-18 14:05
[招待講演]ゲーム理論の無線リソース制御への応用
山本高至京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送信電力,チャネル割当に代表される無線リソース制御は無線通信における干渉の制御と捉えられる.干渉は,無線局間の相互作用であり,相互作用の定式化・議論が可能な数学であるゲーム理論を用いて議論が可能である.本講演では,ゲーム理論の基礎と,無線リソース制御への応用について述べる. 
(英) Radio resource management in radio communication systems is required to manage co-channel interference which can be treated as mutual interactions. Mutual interactions among decision making entities can be discussed using game theory. This talk introduces game theory and its applications to radio resource management.
キーワード (和) ゲーム理論 / 無線リソース制御 / 干渉 / / / / /  
(英) game theory / radio resource management / interference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 369, IT2018-31, pp. 1-6, 2018年12月.
資料番号 IT2018-31 
発行日 2018-12-11 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2018-12-18 - 2018-12-18 
開催地(和) スパリゾートハワイアンズ 
開催地(英) Spa Resort Hawaiians 
テーマ(和) 若手研究者のための講演会(招待講演のみ) 
テーマ(英) Lectures for Young Researchers (Invited talks only) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-12-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲーム理論の無線リソース制御への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Game Theory to Radio Resource Management 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゲーム理論 / game theory  
キーワード(2)(和/英) 無線リソース制御 / radio resource management  
キーワード(3)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-18 14:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2018-31 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会