電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-15 16:25
仕事の完了回数と故障回数で取替を実施する方策の比較
水谷聡志中川覃夫愛知工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,故障が発生したとき少修理を実施するユニットに対し,$N$回の仕事が完了したとき,または$K$回の故障が発生したとき取替を実施する取替方策について,いくつかの拡張モデルを提案する.そしてそれらの期待費用を数値的に比較し議論する.まず$N$と$K$に関する基本取替モデルを扱う.具体的には, $N$回の仕事が完了したとき実施するモデルと$K$回の故障が発生したとき実施するモデルを扱う.さらに,ユニットの取替に関して次のモデルを扱う: $N$回の仕事が完了したとき,または$K$回の故障が発生したときに対する最早取替と最遅取替,$N$回の仕事が完了したあとの時刻に実施するオーバタイム方策,$K$回の故障が発生したあとの時刻に実施するオーバタイム方策.これらのモデルに対する最適な$N^*$と$K^*$について議論し,そのときの期待費用について数値例を挙げて比較検討を行う. 
(英) This paper proposes some replacement policies in which the unit is replaced at $N$th working cycle or $K$th failure. We compare and discuss numerically these expected cost rates. At first, we consider the basic replacement policies for $N$ and $K$. That is, the unit is replaced at $N$th working cycle, and at $K$th failure. Further, we treat following models: replacement first and last models that the unit is replaced at $N$th working cycle or $K$th failure. Overtime policy that the unit is replaced at the time over the $N$th working cycle, and at the time over the $N$th failure. We discuss analytically about optimal $N^*$ and $K^*$ which minimize the expected cost rate, and compare numerically these expected cost rates.
キーワード (和) 取替方策 / オーバタイム方策 / 最早取替 / 再遅取替 / 少修理 / / /  
(英) Replacement Policy / Overtime Replacement Policy / Replacement First / Replacement Last / Minimal Repair / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 365, R2018-50, pp. 41-46, 2018年12月.
資料番号 R2018-50 
発行日 2018-12-08 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-12-15 - 2018-12-15 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英)  
テーマ(和) 保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仕事の完了回数と故障回数で取替を実施する方策の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Which is better to replace at number of works or failures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 取替方策 / Replacement Policy  
キーワード(2)(和/英) オーバタイム方策 / Overtime Replacement Policy  
キーワード(3)(和/英) 最早取替 / Replacement First  
キーワード(4)(和/英) 再遅取替 / Replacement Last  
キーワード(5)(和/英) 少修理 / Minimal Repair  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 聡志 / Satoshi Mizutani / ミズタニ サトシ
第1著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagawa / ナカガワ トシオ
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-15 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-50 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2018-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会