電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-15 13:50
社会インフラストラクチャの最適保全方策
伊藤弘道鳥取大)・中川覃夫愛知工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 事故が発生すれば多数の人命が失われる航空機や鉄道システム,国民生活や各種経済活動で必要不可欠なシステムでありながらハードウエアと比較して信頼性維持管理が脆弱な傾向にあるソフトウエアシステムなど,我々の周りには高信頼性を維持しなければならないシステムが多数ある.
そうしたシステムの最適保全方策は以前から様々な検討がなされ,設計手法が確立された.
現在我が国のインフラのサービスレベルの維持は,重要な課題となっている.
経済の低成長による財政難・人口減少や高齢化による作業者の減少等各種の制約下にあっても道路・橋梁・護岸施設などのインフラストラクチャは快適で安心安全な国民生活を維持するために維持しなければならないが,そのためにはサービスや保全に関わる様々なパラメータを定量化し,必要費用を最小にするような保全を明確化することで国民にサービスの質を低下を感じさせることのない保全レベルを探さねばならない.
こうしたインフラストラクチャの保全は,従来は定量的な最適化設計が図られておらず,今後最適保全設計の考え方を適用することでサービスの質を変えずに維持の効率化が期待できると考えられることから,近年最適保全の検討がなされている.いんf
ここでは,システムの最適保全方策の手法である累積損傷モデルをインフラ保全に適用し,最適方策を論じる. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) インフラストラクチャ / 保全 / 最適方策 / サービス / 累積損傷モデル / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 365, R2018-45, pp. 13-16, 2018年12月.
資料番号 R2018-45 
発行日 2018-12-08 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-12-15 - 2018-12-15 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英)  
テーマ(和) 保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 社会インフラストラクチャの最適保全方策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimal maintenance policies of social infrastructures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インフラストラクチャ /  
キーワード(2)(和/英) 保全 /  
キーワード(3)(和/英) 最適方策 /  
キーワード(4)(和/英) サービス /  
キーワード(5)(和/英) 累積損傷モデル /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 弘道 / Kodo Ito / イトウ コウドウ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagawa / ナカガワ トシオ
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-15 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-45 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2018-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会