電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-15 14:30
ECNビット誤りを考慮した高信頼性の通信プロトコル(HpFP)のモデル化
木村充位岐阜市女子短大)・今泉充啓愛知学泉大)・中川覃夫愛知工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,クラウドを代表する通信システムにある長距離広帯域伝送ネットワーク上において,高い信頼性が要求されている.そこで高い信頼性を実現するHigh-performance and Flexible Protocol (HpFP)が開発され,さまざまな研究がされている.
この特徴は輻輳が発生したときに,パケット送出間隔の変更をすることによりパケットの損失率を抑えて輻輳制御を行うことである.また輻輳の検知について,これまでに k 回のパケット送信が失敗した場合に輻輳と判断するモデルや,1回の送信である一定個数のパケットが損失した場合に輻輳と判断するモデルを検討してきた.ここではコネクション接続時点にECN情報により輻輳を検知し,ECNビットの第1種の誤りと第2種の誤りを考慮したモデル化を行う. 
(英) Recently, long-distance transmission network has been demanded for high reliability in communication system such as cloud computing. Therefore, High-performance and Flexible Protocol (HpFP) has been proposed and studied. HpFP executes congestion control that throughput is adjusted by changing a packet transmission interval.
We have discussed stochastic models of a window flow control scheme with HpFP. That is, if retransmission from a packet loss has been occurred at a constant number, a packet transmission interval is prolonged. Furthermore, if a constant number of packets has failed for a first time transmission, the congestion avoidance operation is executed by extending a packet transmission interval.
In this paper, we consider a stochastic model of a window flow control scheme based on a packet transmission interval considering ECN bit error. If ECN bit has been set during connection, a packet transmission interval is prolonged. Moreover, we consider ECN bit error of the first kind and of the second kind. We analytically discuss an optimal policy which maximizes the amount of packets per unit of time until the transmission succeeds.
キーワード (和) HpFP / 輻輳 / ウィンドウ制御 / パケット損 / 信頼性 / / /  
(英) HpFP / Network Congestion / Window Flow Control / Packet Loss / reliability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 365, R2018-46, pp. 17-22, 2018年12月.
資料番号 R2018-46 
発行日 2018-12-08 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-12-15 - 2018-12-15 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英)  
テーマ(和) 保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ECNビット誤りを考慮した高信頼性の通信プロトコル(HpFP)のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modelling of High-performance and Flexible Protocol considering ECN bit error 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HpFP / HpFP  
キーワード(2)(和/英) 輻輳 / Network Congestion  
キーワード(3)(和/英) ウィンドウ制御 / Window Flow Control  
キーワード(4)(和/英) パケット損 / Packet Loss  
キーワード(5)(和/英) 信頼性 / reliability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 充位 / Mitsutaka Kimura / キムラ ミツタカ
第1著者 所属(和/英) 岐阜市立女子短期大学 (略称: 岐阜市女子短大)
Gifu City Women's College (略称: Gifu City Women's Coll.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今泉 充啓 / Mitsuhiro Imaizumi / イマイズミ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 愛知学泉大学 (略称: 愛知学泉大)
Aichi Gakusen University (略称: Aichi Gakusen Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 覃夫 / Toshio Nakagawa / ナカガワ トシオ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-15 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-46 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2018-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会