電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-15 14:55
CANプロトコルにおけるイベントトリガ型メッセージの応答時間解析
佐藤諒平福本 聡大原 衛首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コントローラエリアネットワークCANは車載ネットワークプロトコルの業界標準である.
ネットワーク設計の段階でその信頼性を保障するために,CANメッセージの応答時間解析 (RTA; Response time analysis) 手法がこれまでに数多く提案されている.
しかしながら,その手法の多くがメッセージの送信時間間隔を決定論的に扱うものであり,ユーザの行動や環境に起因してメッセージ送信がおこなわれるイベントトリガ (ET; Event-Triggered) 型のCANの解析には不向きであった.
本論文では送信時間間隔を確率的に論じ,ET型の通信プロトコルに適したRTA手法を提案する.
提案法はメッセージの応答時間の確率分布を高々数秒から数十秒の計算時間で精度良く算出可能である. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) コントローラエリアネットワーク / CAN / 応答時間解析 / 確率解析 / 待ち行列理論 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 365, R2018-47, pp. 23-28, 2018年12月.
資料番号 R2018-47 
発行日 2018-12-08 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2018-12-15 - 2018-12-15 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英)  
テーマ(和) 保全性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2018-12-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CANプロトコルにおけるイベントトリガ型メッセージの応答時間解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Response Time Analyses for CAN with Event-Triggered Messages 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントローラエリアネットワーク /  
キーワード(2)(和/英) CAN /  
キーワード(3)(和/英) 応答時間解析 /  
キーワード(4)(和/英) 確率解析 /  
キーワード(5)(和/英) 待ち行列理論 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 諒平 / Ryohei Sato / サトウ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福本 聡 / Fukumoto Satoshi / フクモト サトシ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大原 衛 / Mamoru Ohara / オオハラ マモル
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-15 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2018-47 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2018-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会