お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 13:40
競合端末数の推定法の改善によるp-persistent CSMA/CAのスループットの向上
夫津木康平稲井 寛岡山県立大IN2018-70
抄録 (和) p-persistent CSMA/CAの確率pについては,パケット長と競合端末数から,スループットを最大にするpを計算可能であるが,実際の競合端末数を把握することは困難であるため,減衰関数などを使って推定する必要がある.本研究では,p-persistent CSMA/CAにおいて,競合端末数を推定するための減衰関数を改善することにより,スループットの向上を達成した. 
(英) Probability p of p-persistent CSMA/CA to maximize the throughput can be calculated from the packet length and the number of contenders. Since it is difficult to grasp the actual number of contenders, an estimation method, such as by using an attenuation function, is reguired. In this research, by modifying the attenuation function, p-persistent CSMA/CA achieves throughput improvement.
キーワード (和) 無線通信 / アクセス方式 / p-persistent CSMA/CA / 競合端末数の推定 / / / /  
(英) Wireless communication / Access method / p-persistent CSMA/CA / The estimation of number of contenders / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 359, IN2018-70, pp. 67-72, 2018年12月.
資料番号 IN2018-70 
発行日 2018-12-06 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-70

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 広島大学 東千田未来創生センター 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 競合端末数の推定法の改善によるp-persistent CSMA/CAのスループットの向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput improvement of p-persistent CSMA/CA by modified method of estimation for the number of contenders 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless communication  
キーワード(2)(和/英) アクセス方式 / Access method  
キーワード(3)(和/英) p-persistent CSMA/CA / p-persistent CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) 競合端末数の推定 / The estimation of number of contenders  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夫津木 康平 / Kohei Futsuki / フツキ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲井 寛 / Hiroshi Inai / イナイ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-70 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.359 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会