電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 11:35
多様な遅延状況における片方向遅延情報とout-of-orderを考慮したMPTCPスケジューラの提案
木下裕太新井イスマイル藤川和利奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在実装されているMPTCPは、インタフェース間のネットワーク遅延差が大きい環境で通常のTCPに比べスループットが低下する問題がある。また、インタフェース間の遅延差だけでなく、LTEなどのインタフェースでは上下方向の遅延差がある。既存研究では各パスのRTTに基づいたスケジューリングのため、上下方向の遅延差のある環境において受信者側でout-of-orderが発生する。また、末尾パケットのみ考慮したスケジューリングをしているため、途中パケットの送信時にout-of-orderが発生する。そこで本研究ではRTTに代わり片方向遅延情報を使用し、上下方向の遅延差がある環境に対応する。また、末尾パケット以外のパケットのout-of-orderも考慮したスケジューラを提案する。 
(英) The currently implemented MPTCP has a problem that the throughput decreases compared to normal TCP in an environment where the network delay difference between the interfaces is large. Besides the delay difference between the interfaces, there is a delay difference in the uplink/downlink direction in the interface such as LTE. In the existing research, due to scheduling based on RTT of each pass, out-of-order occurs on the receiver side in an environment with uplink/downlink delay difference. In addition, since scheduling is performed considering only the tail packet, out-of-order occurs at the time of transmission of an intermediate packet. Therefore, in this research, one-way latency information is used instead of RTT, and it corresponds to an environment with uplink/downlink delay difference. We also propose a scheduler that considers out-of-order of packets other than tail packets.
キーワード (和) Multipath TCP / MPTCP / スケジューリング / / / / /  
(英) Multipath TCP / MPTCP / Scheduling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 360, IA2018-49, pp. 59-63, 2018年12月.
資料番号 IA2018-49 
発行日 2018-12-06 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 広島大学 東千田未来創生センター 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2018-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多様な遅延状況における片方向遅延情報とout-of-orderを考慮したMPTCPスケジューラの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of MPTCP Scheduler considering one-way latency information and out-of-order under various delay conditions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multipath TCP / Multipath TCP  
キーワード(2)(和/英) MPTCP / MPTCP  
キーワード(3)(和/英) スケジューリング / Scheduling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 裕太 / Yuta Kinoshita / キノシタ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 イスマイル / Ismail Arai / アライ イスマイル
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 和利 / Kazutoshi Fujikawa / フジカワ カズトシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2018-49 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.360 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IA-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会