電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 16:30
地方鉄道を対象とした自動運転技術活用に関する基礎検討
竹内俊裕篠田憲幸長谷川智紀山口大助渡邉翔一郎交通安全環境研)・水間 毅東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地方鉄道においては、人口減少に伴う要員の減少や鉄道分野における技術者の大量退職の影響から、自動運転への期待が高まりつつある一方で、運転に伴うヒューマンエラーを防止するために自動運転技術導入の機運も広がっている。そこで、自動車の自動運転で採用されているセンサを地方鉄道へ活用するための基礎検討を始めたので、その取組みについて紹介する。 
(英) In local railways, expectations for autonomous driving are increasing due to the decrease personnel by the declining population and the influence of mass retirement of engineers. On the other hand, the momentum for introducing autonomous driving technology has also been expanding to prevent human errors. Therefore, we have begun a basic study to utilize sensors adopted in automated driving of automobiles for the railways. This paper introduces a practical experiment of application of this sensing technology.
キーワード (和) 地方鉄道 / 自動運転 / センシング技術 / LiDARセンサ / / / /  
(英) Local Railways / Autonomous Driving / Sensing Technology / LiDAR Sensor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 364, DC2018-68, pp. 51-54, 2018年12月.
資料番号 DC2018-68 
発行日 2018-12-07 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2018-12-14 - 2018-12-14 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英) Miyako Seisyonen-No-Ie 
テーマ(和) (第3回)Winter Workshop on safety - 安全性に関する冬のワークショップ - (共催:日本信頼性学会) 
テーマ(英) 3rd Winter Workshop on safety 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2018-12-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地方鉄道を対象とした自動運転技術活用に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on utilization of autonomous driving technology for the railway and the track 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地方鉄道 / Local Railways  
キーワード(2)(和/英) 自動運転 / Autonomous Driving  
キーワード(3)(和/英) センシング技術 / Sensing Technology  
キーワード(4)(和/英) LiDARセンサ / LiDAR Sensor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 俊裕 / Toshihiro Takeuchi / タケウチ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 交通安全環境研究所 (略称: 交通安全環境研)
National Traffic Safety and Environment Laboratory (略称: NTSEL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 憲幸 / Shinoda Noriyuki / シノダ ノリユキ
第2著者 所属(和/英) 交通安全環境研究所 (略称: 交通安全環境研)
National Traffic Safety and Environment Laboratory (略称: NTSEL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 智紀 / Hasegawa Tomonori / ハセガワ トモノリ
第3著者 所属(和/英) 交通安全環境研究所 (略称: 交通安全環境研)
National Traffic Safety and Environment Laboratory (略称: NTSEL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 大助 / Daisuke Yamaguchi / ヤマグチ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 交通安全環境研究所 (略称: 交通安全環境研)
National Traffic Safety and Environment Laboratory (略称: NTSEL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 翔一郎 / Watanabe Syoichirou / ワタナベ ショウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 交通安全環境研究所 (略称: 交通安全環境研)
National Traffic Safety and Environment Laboratory (略称: NTSEL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水間 毅 / Mizuma Takeshi / ミズマ タケシ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2018-68 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.364 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-DC-2018-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会