電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 15:55
エッジコンピューティング環境におけるユーザの移動性を考慮したコンテナの同期先の選択手法の提案
仲野弘一垣内正年新井イスマイル藤川和利奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エッジコンピューティングでユーザに近いエッジサーバにコンテナを配置することで、低遅延なサービスを提供する研究が行われている。しかし、ユーザが移動するとコンテナもその動きに合わせてユーザに近いエッジサーバに移行させる必要がある。本研究ではエッジサーバのユーザの移行先候補のサーバ群に対して、ダウンタイムが最小限になるように同期の優先度をスコアリングし、優先度順に事前にコンテナを同期させることで移行に必要な通信量とサービスのダウンタイムを抑える。具体的には移行に必要な移行元のサーバの計算資源(CPU使用率、メモリ使用率、ネットワーク使用率、ユーザの遅延情報)から予測されるダウンタイムが最小になるようにスコアリングを行う。 
(英) There are some researches conducted to provide low latency services by placing containers in edge servers close to users by edge computing. However, when moving from the edge server to which the user is connected, it is necessary to move the container to a new edge server close to the user according to the movement. In this research, we propose a method to schedule the synchronization priority so that the downtime is minimized for the candidate server group of the migration destination user of the edge server. To synchronize the containers in order of priority Suppress downtime and service downtime. Specifically, the scoring is performed so as to minimize the downtime predicted from the calculation resources (CPU usage rate, memory usage rate, network usage rate, user delay information) of the migration source server and target server required for migration.
キーワード (和) エッジコンピューティング / / / / / / /  
(英) Edge Computing / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 360, IA2018-53, pp. 85-88, 2018年12月.
資料番号 IA2018-53 
発行日 2018-12-06 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 広島大学 東千田未来創生センター 
開催地(英) Hiroshima Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2018-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジコンピューティング環境におけるユーザの移動性を考慮したコンテナの同期先の選択手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of selection method of synchronization destination of container considering user's mobility in edge computing environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エッジコンピューティング / Edge Computing  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲野 弘一 / Hirokazu Nakano / ナカノ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 垣内 正年 / Masatoshi Kakiuchi / カキウチ マサトシ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 イスマイル / Ismail Arai / アライ イスマイル
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 和利 / Kazutoshi Fujikawa / フジカワ カズトシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2018-53 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.360 
ページ範囲 pp.85-88 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会