電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-14 13:45
3Dプリンタで出力された誘電体円板のWGモード法によるミリ波複素誘電率測定
角田亘汰清水隆志古神義則宇都宮大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 私たちは、熱溶解積層型3Dプリンタを用いたミリ波回路製作の検討を行っている。効率的な回路設計において材料となる樹脂のミリ波複素誘電率を事前に把握しておくことが必要となる。しかし、樹脂を積層していく製造方法においては、基板の面方向と厚さ方向の複素誘電率に異方性が発現する可能性があるため、複素誘電率測定においてその異方性を明らかにする必要がある。一軸異方性誘電体材料のミリ波複素誘電率評価方法としてWGモード法が報告されている。本研究では、ABSベースの3Dプリンタ用樹脂を用いて5枚の円板を出力し、WGモード法を用いて複素誘電率測定を行い、その異方性を明らかにしたので報告する。 
(英) We have been investigating production of millimeter wave circuits using a 3D printer of fused deposition modeling (FDM). In such a modeling method, complex permittivity of printed substrates may have anisotropy. In this paper, WG mode dielectric disk resonator method is applied to evaluate the uniaxial anisotropy of complex permittivity. The measured results of complex permittivity for 5 3D printed ABS disks with different output conditions and colors are presented.
キーワード (和) WGモード誘電体共振器法 / 3Dプリンタ / 複素誘電率 / ミリ波 / / / /  
(英) WG mode dielectric disk resonator / 3D printer / Complex permittivity / Millimeter wave / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 361, MW2018-134, pp. 109-114, 2018年12月.
資料番号 MW2018-134 
発行日 2018-12-06 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 神奈川大学 
開催地(英) Kanagawa Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般/学生研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3Dプリンタで出力された誘電体円板のWGモード法によるミリ波複素誘電率測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Millimeter wave complex permittivity measurement of printed dielectric disk by 3D printer using the WG mode method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WGモード誘電体共振器法 / WG mode dielectric disk resonator  
キーワード(2)(和/英) 3Dプリンタ / 3D printer  
キーワード(3)(和/英) 複素誘電率 / Complex permittivity  
キーワード(4)(和/英) ミリ波 / Millimeter wave  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 亘汰 / Kota Tsunoda / ツノダ コウタ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 隆志 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古神 義則 / Yoshinori Kogami / コガミ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-14 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2018-134 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会