電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-13 13:50
多点制御法を用いた複数エリア再生における遺伝的アルゴリズムを活用した制御点配置の決定方法
新城大輔安枝和哉片岡章俊龍谷大EA2018-83
抄録 (和) 多点制御法を用いた複数エリア再生において,再生エリアと抑圧エリアを同時に形成する場合,再生制御点と抑圧制御点の配置はその両エリアの音圧差を決定する重要な要素である.しかし,その多くは経験則による配置決定であり,十分な検討はなされていない.また,重みつき最小二乗法を用いることで,さらなる性能の向上が期待できるが,制御点ごとに設定される重み係数の推定は困難である.そこで,本研究では制御点と重み係数を遺伝子表現とする遺伝的アルゴリズムにより,適切な制御点配置と重み係数の決定について検討を行った.実験の結果,遺伝的アルゴリズムによって決定された制御点配置と重み係数は,従来の制御点配置と比べて抑圧エリアでの音の漏えいの減少を確認した. 
(英) We consider that the reproduction area and the suppression area are formed at the same time by using multi-point control method (MPCM) in multiple-sound zone generation. The arrangement of the reproduction point and the suppression point is an important factor determining the sound pressure level between the two areas. However, it is a placement decision based on a heuristic method, and it has not been studied. In addition, using the weighted least squares method of MPCM, performance improvement can be expected, but it is difficult to estimate the weighting coefficient set for each control point. In this study, we discuss appropriate arrangement of control points and weighting coefficients determination by defining a control point and a weighting coefficient as {it chromosomes} of genetic algorithm. As a result of experiments, we confirmed that the arrangement of control points and the weighting coefficients determined by genetic algorithm, and sound pressure level decrease compared with the conventional arrangement in the suppression area.
キーワード (和) 多点制御法 / 遺伝的アルゴリズム / 直線スピーカアレー / 複数エリア再生 / / / /  
(英) Multi-point control method / Genetic algorithm / Linear loudspeaker array / Multiple-sound zone generation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 357, EA2018-83, pp. 15-20, 2018年12月.
資料番号 EA2018-83 
発行日 2018-12-06 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2018-83

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) kyushu Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多点制御法を用いた複数エリア再生における遺伝的アルゴリズムを活用した制御点配置の決定方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arrangement of control points by genetic algorithm for multiple sound zone generation using multi-point control method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多点制御法 / Multi-point control method  
キーワード(2)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic algorithm  
キーワード(3)(和/英) 直線スピーカアレー / Linear loudspeaker array  
キーワード(4)(和/英) 複数エリア再生 / Multiple-sound zone generation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新城 大輔 / Daisuke Shinjo / シンジョウ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安枝 和哉 / Kazuya Yasueda / ヤスエダ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 章俊 / Akitoshi Kataoka / カタオカ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-13 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-83 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.357 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会