お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-13 16:10
複屈折光ファイバを用いた光位相制御ビート信号生成法における複屈折の制御
伊藤翔太上原知幸辻 健一郎防衛大MW2018-125 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2018-125
抄録 (和) 波長が異なる2つの光波を干渉させ、その差分周波数に相当する電気信号を生成する光ビート法は、光ファイバ無線における位相制御されたマイクロ波・ミリ波帯信号を効果的に生成できる手法として注目されている。しかし、変調の側帯波を別の光路を分けて位相差を制御する従来の手法は位相ドリフトが生じやすい課題があった。そこで我々は複屈折光ファイバによる偏波回転を利用した単一光路の位相制御系を検討している。今回、搬送波抑圧変調の側帯波を利用した光ビート法について、安定した位相制御を実現するために、搬送波をモニタリングして複屈折を能動的に制御する手法を検討した結果、本手法の有効性を確認したので報告する。 
(英) The microwave beat note generation from two optical waves is an attractive technique for the efficient generation of a phase-controlled microwave or millimeter wave. As a candidate for the techniques, two sidebands generated by double-sideband suppressed-carrier modulation are used. These sidebands are separated for a phase cording then recombined after the cording. However, using two sidebands which propagate in different optical path causes readily optical phase drift in each optical path. In this paper, we propose a microwave beat note generation with single optical path setup using a birefringent optical fiber. The birefringence is monitored and controlled actively for stable operation. The usefulness of the method is confirmed by some measurement results.
キーワード (和) 光ファイバ無線 / 光ビート法 / 複屈折光ファイバ / 搬送波抑圧制御 / 位相変調 / / /  
(英) Radio over fiber / photonic generation / Birefringence optical fiber / Carrier suppressed modulation / Phase control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 361, MW2018-125, pp. 67-71, 2018年12月.
資料番号 MW2018-125 
発行日 2018-12-06 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2018-125 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2018-125

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 神奈川大学 
開催地(英) Kanagawa Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般/学生研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複屈折光ファイバを用いた光位相制御ビート信号生成法における複屈折の制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Control of birefringence in photonic generation of phase-controlled beat signal using birefringence optical fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ無線 / Radio over fiber  
キーワード(2)(和/英) 光ビート法 / photonic generation  
キーワード(3)(和/英) 複屈折光ファイバ / Birefringence optical fiber  
キーワード(4)(和/英) 搬送波抑圧制御 / Carrier suppressed modulation  
キーワード(5)(和/英) 位相変調 / Phase control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 翔太 / Syota Ito / イトウ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 知幸 / Tomoyuki Uehara / ウエハラ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 健一郎 / Kenichiro Tsuji / ツジ ケンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-13 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2018-125 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会