電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-13 16:00
補聴器における尖度に基づく雑音フレーム検出を用いた突発性雑音抑圧手法
浦田 優笹岡直人伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 雑音を含む音響環境で聴覚障害のある被験者の音声明瞭度を向上させることは,依然として主要な研究課題である.我々はスマートフォンなどの利用時における音声に重畳された突発性雑音に対するシングルチャンネル雑音抑圧法を検討してきた.突発性雑音とは,発生タイミングが不明で,振幅の変化が急峻な雑音である.しかしながら、両耳装用型補聴器において,従来の抑圧法ではそれぞれのデバイスの入力信号で処理するため音響空間情報が保存されず,音声の到来方向が歪む可能性がある.そこで,本稿ではシングルチャネルにおける突発性雑音抑圧手法をマルチチャネルにおける手法へと拡張し,雑音の検出精度の向上による抑圧性能の向上と発話の到来方向の保存を図った.突発性雑音の検出は短い区間の左右の信号に対して尖度を用い,その抑圧法はマルチチャネルウィーナーフィルタ(MWF)を使用した.計算機シミュレーションの結果、提案手法の抑圧性能の向上及び発話の到来方向が保存されていることが確認された. 
(英) Improving the speech intelligibility of hearing-impaired subjects in an acoustic environment including noise is still a major research topic. We have been studying a single channel noise suppression method for impact noise superimposed on speech when using smartphones and the like. Impact noise is a noise signal whose occurrence timing is unknown and whose change in amplitude is steep. However, in the binaural (double ear wearing type) hearing aid, impact noise occurs at unknown thing, and its amplitude steeply changes. However, the signal channel noise suppression distorts the arrival direction of speech because the acoustic space information can not be preserved. Therefore, in this paper, we extend the impact noise suppression method on single channel to multi-channel approach, improve noise suppression performance by improving noise detection accuracy and preserve the arrival direction of utterance. In the detection of impact noise, the kurtosis is used for the left and right signals in a short frame, and the Multi-channel Wiener Filter (MWF) is used for the suppression method. As a result of computer simulation, it was confirmed that improvement of suppression performance of the proposed method and preservation of arrival direction of utterance are preserved.
キーワード (和) 雑音抑圧 / 突発性雑音 / 音響空間情報 / 尖度 / MWF / / /  
(英) Noise Suppression / Impact Noise / The acoustic Space Information / The Kurtosis / MWF / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 357, EA2018-87, pp. 39-43, 2018年12月.
資料番号 EA2018-87 
発行日 2018-12-06 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-12-13 - 2018-12-14 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) kyushu Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 補聴器における尖度に基づく雑音フレーム検出を用いた突発性雑音抑圧手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact Noise Suppression with Noise Frame Detection Based on Kurtosis in Hearing Aid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 雑音抑圧 / Noise Suppression  
キーワード(2)(和/英) 突発性雑音 / Impact Noise  
キーワード(3)(和/英) 音響空間情報 / The acoustic Space Information  
キーワード(4)(和/英) 尖度 / The Kurtosis  
キーワード(5)(和/英) MWF / MWF  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦田 優 / Yu Urata / ウラタ ユウ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori Univercity (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori Univercity (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Ito / イトウ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori Univercity (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-13 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-87 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.357 
ページ範囲 pp.39-43 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2018-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会