お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-12 10:50
Minimization of an M-convex Function under L1-distance Constraint
Akiyoshi ShiouraTokyo Inst. Tech.COMP2018-33
抄録 (和) 本論文では,L1 距離制約の下でのM凸関数最小化問題(MML1) を考える.L1 距離制約は,実行可能解と与えられた「中心」とのL1 距離に対する上界値として与えられる.本論文では,(MML1) に対し,最急降下法に基づく擬多項式時間アルゴリズムを提案する.また,(MML1) のL1 距離制約を単純な線形制約に置き換えるというアイディアに基づく多項式時間アルゴリズムを2 つ提案する. 
(英) In this paper we consider a new problem of minimizing an M-convex function under L1-distance constraint (MML1); the constraint is given by an upper bound for L1-distance between a feasible solution and a given “center.” We present a pseudo-polynomial-time algorithm for (MML1) based on steepest descent approach. We also propose two polynomial-time algorithms for (MML1) by replacing the L1-distance constraint with a simple linear constraint.
キーワード (和) 離散凸解析 / 離散凸関数 / 非線形整数計画問題 / 多項式時間アルゴリズム / / / /  
(英) discrete convex analysis / discrete convex function / nonlinear integer programming problem / polynomial-time algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 356, COMP2018-33, pp. 15-20, 2018年12月.
資料番号 COMP2018-33 
発行日 2018-12-05 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2018-33

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-12 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2018-12-COMP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Minimization of an M-convex Function under L1-distance Constraint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 離散凸解析 / discrete convex analysis  
キーワード(2)(和/英) 離散凸関数 / discrete convex function  
キーワード(3)(和/英) 非線形整数計画問題 / nonlinear integer programming problem  
キーワード(4)(和/英) 多項式時間アルゴリズム / polynomial-time algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩浦 昭義 / Akiyoshi Shioura / シオウラ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-12 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2018-33 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.356 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-COMP-2018-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会