電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-10 13:15
[招待講演]音声認識の方法論の変遷と展望 ~ Acoustic-to-Wordモデルを中心に ~
河原達也京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音声認識の方法論は深層学習、特にEnd-to-Endモデルの導入で大きく変わりつつある。本稿では、従来の方法論を概観し、End-to-Endモデルに至るまでの変遷を述べる。単語単位のEnd-to-EndモデルであるAcoustic-to-Wordモデルは、音響特徴量系列から単語列を直接求めるもので、音響モデルと言語モデルを内包し、発音辞書や複雑な認識プログラムを必要としない革新的な方式である。この方式の課題と解決法についても述べる。 
(英) The methodology of speech recognition has been changing due to the introduction of deep learning, in particular end-to-end modeling. This article gives a brief overview of the conventional methodologies leading to the end-to-end models. Word-based end-to-end model, referred to as acoustic-to-word model, directly converts a sequence of acoustic features into a word sequence. This model contains acoustic and language models, and does not require a pronunciation lexicon and a complex decoding program. The problems of this new promising model and current solutions are also described.
キーワード (和) 音声認識 / End-to-Endモデル / Acoustic-to-Wordモデル / / / / /  
(英) Speech Recognition / End-to-End Model / Acoustic-to-Word Model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 354, SP2018-48, pp. 25-30, 2018年12月.
資料番号 SP2018-48 
発行日 2018-12-03 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-NL SP IPSJ-SLP  
開催期間 2018-12-10 - 2018-12-12 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. Nishiwaseda Campus 
テーマ(和) 第5回自然言語処理シンポジウム & 第20回音声言語シンポジウム 
テーマ(英) The 5th Natural Language Processing Symposium & The 20th Spoken Language Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-12-NLC-NL-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声認識の方法論の変遷と展望 
サブタイトル(和) Acoustic-to-Wordモデルを中心に 
タイトル(英) Review of Automatic Speech Recognition Methodology 
サブタイトル(英) Outlook of Acoustic-to-Word Model 
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / Speech Recognition  
キーワード(2)(和/英) End-to-Endモデル / End-to-End Model  
キーワード(3)(和/英) Acoustic-to-Wordモデル / Acoustic-to-Word Model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 達也 / Tatsuya Kawahara / カワハラ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-10 13:15:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2018-48 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.354 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2018-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会