お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-08 11:00
個人適応型ヒント提示・誘導方式によるプログラミング演習授業の支援
鈴木孝幸野上裕二納富一宏神奈川工科大ET2018-67
抄録 (和) 初学者を対象としたプログラミング教育では,アルゴリズムの理解やプログラミング言語の文法の理解が必要となる.著者らは,コメント付きのソースコードから学習用の空欄補充問題を自動生成することに関して,基礎的な検討と学習支援システムの開発を行っている.また,学習者の進度と躓きに適応した解答ヒントの提示手法についてモデル化を検討し,ヒント提示モデルを提案する.空欄補充問題の自動生成機能を利用したヒントの自動提示を行うことで,学習レベルに応じたプログラミング演習授業支援システムの可能性について考察する. 
(英) In programming education for beginners, it is necessary to understand algorithms and understand the grammar of programming languages. We are developing basic studies and learning support systems for automatically generating fill-the-blank questions for programming learning from source code with comments. In addition, we propose a hint suggesting model considering modeling on suggestion method of answer hint adapted to learner's progress and stumbling. We will consider the possibility of a programming exercise lesson support system according to the learning level by automatically suggesting hints utilizing fill-the-blank questions automatic generation function.
キーワード (和) プログラミング教育 / 空欄補充問題 / 問題自動生成 / ヒント提示モデル / 個人適応型ヒント / 演習授業支援システム / /  
(英) Programming education / Fill-in-the-blank question / Automatic question generation / Hint suggesting model / Personal adaptive hints / Programming exercise lesson support system / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 351, ET2018-67, pp. 9-14, 2018年12月.
資料番号 ET2018-67 
発行日 2018-12-01 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2018-67

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2018-12-08 - 2018-12-08 
開催地(和) 長岡技術科学大学 
開催地(英) Nagaoka University of Technology 
テーマ(和) 教育・学習支援プラットフォームによるデータ活用/一般 
テーマ(英) Data Utilization by Education and Learning Support Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2018-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個人適応型ヒント提示・誘導方式によるプログラミング演習授業の支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Support of Programming Exercise Lesson Using Personal Adaptive Hints Suggesting and Leading Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミング教育 / Programming education  
キーワード(2)(和/英) 空欄補充問題 / Fill-in-the-blank question  
キーワード(3)(和/英) 問題自動生成 / Automatic question generation  
キーワード(4)(和/英) ヒント提示モデル / Hint suggesting model  
キーワード(5)(和/英) 個人適応型ヒント / Personal adaptive hints  
キーワード(6)(和/英) 演習授業支援システム / Programming exercise lesson support system  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 孝幸 / Takayuki Suzuki / スズキ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野上 裕二 / Yuji Nogami / ノガミ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 一宏 / Kazuhiro Notomi / ノウトミ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-08 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2018-67 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2018-12-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会