電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-07 09:55
自動運転車の衝突事故回避システムのための,サインポストを用いた交差点モデルベースMAC層の検討
相沢祐太朗佐久間義友河野隆二横浜国大WBS2018-61 ITS2018-44 RCC2018-92
抄録 (和) 事故のない,安全な自動運転を実現するためには,緊急時の自動ブレーキシステムが非常に重要であり,様々な研究がされている.自動ブレーキシステムの安全性,信頼度を確保するためには,歩行者等の障害物検出,車両制御を向上させる必要があるため,高信頼な検出・制御技術が求められる.歩行者検出技術をサポートする技術として,位置情報を無線通信により送受信し,歩行者や自動車が互いの位置を検出する方法が検討されている.スマートフォンなどの既存のデバイスを使うことができ,普及が容易であるなどの利点がある一方で,通信遅延や失敗が重大な事故に直結し得るため、高信頼な通信が求められる.
本研究では,自動車用の通信規格として策定されたIEEE802.11pを使用した,交差点通信システムの,MAC層に着目した提案を行う.
交差点に設置されたサインポストを用いて,交差点モデルを踏まえたQoS制御を行うことで,事故回避システムのための高信頼で低遅延の通信を実現した. 
(英) To realize safe automatic driving without accidents, automatic braking system in emergency is very important, and various researches are done. In order to secure the safety and reliability of the automatic braking system, it is necessary to improve obstacle detection such as pedestrians and vehicle control, so highly reliable detection and control technology is required. As a technology supporting pedestrian detection technology, a method is being studied in which position information is transmitted and received by wireless communication, and pedestrians and cars detect each other's position. While it is possible to use existing devices such as smartphones, it is easy to disseminate, etc., communication delay and failure can directly lead to serious accidents, so highly reliable communication is required.
In this research, we devised a collision accident avoidance system on the premise of communication between pedestrians and vehicles using communication posts. We focus on the MAC layer from the viewpoint of high reliability communication and propose a model - based MAC layer specialized in a model called a collision accident avoidance system at an intersection. This time, we applied the Hybrid MAC mechanism used in IEEE 802.15.6 to the collision avoidance system. By attaching priorities to communication, we examined ways to secure highly reliable communication as the risk of accidents is higher.
キーワード (和) 高度交通システム / MACプロトコル / 路車間通信 / CSMA/CA / / / /  
(英) ITS / MAC / R2V / CSMA/CA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 343, ITS2018-44, pp. 187-191, 2018年12月.
資料番号 ITS2018-44 
発行日 2018-11-29 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2018-61 ITS2018-44 RCC2018-92

研究会情報
研究会 WBS ITS RCC  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2018-12-WBS-ITS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動運転車の衝突事故回避システムのための,サインポストを用いた交差点モデルベースMAC層の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Intersection-model based MAC protocol using sign-post for collision accident avoidance system of automatic driving vehicle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高度交通システム / ITS  
キーワード(2)(和/英) MACプロトコル / MAC  
キーワード(3)(和/英) 路車間通信 / R2V  
キーワード(4)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相沢 祐太朗 / Yutaro Aizawa / アイザワ ユウタロウ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐久間 義友 / Yoshitomo Sakuma / サクマ ヨシトモ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Khono / コウノ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-07 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2018-61,IEICE-ITS2018-44,IEICE-RCC2018-92 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.342(WBS), no.343(ITS), no.344(RCC) 
ページ範囲 pp.187-191 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2018-11-29,IEICE-ITS-2018-11-29,IEICE-RCC-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会