電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-07 10:00
高周波アシスト磁気記録ヘッドのマイクロマグ解析 ~ 媒体記録層がSTOの発振に与える影響および平行なギャップのライトヘッドとSTOの組み合わせ ~
板垣 諒金井 靖新潟工科大)・グリーブズ サイモン村岡裕明東北大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) マイクロマグネティックシミュレーションを用いて,高周波アシスト磁気記録(microwave-assisted magnetic recording: MAMR)に用いる高周波発振素子(spin-torque oscillator: STO)の解析を行っている.記録ヘッドを考慮しないSTO,2層記録媒体の記録層(recording layer: RL)および軟磁性裏打層(soft magnetic underlayer: SUL)からなるモデルを用いて,RLがSTOに及ぼす影響を検討した.その結果,RLから発生する磁界によってSTOの発振周波数が低下するが,発振の振幅は変わらないことが分かった.次に,記録ヘッドギャップ中にSTOを挿入したモデルを用い,RLから発生する磁界がFGLに加わるギャップ中磁界に及ぼす影響について検討した.その結果,RLから発生する磁界はギャップ中磁界を減少させ,FGLの発振周波数を低下させること,RLから発生する磁界はRLの磁化が反転する際に大きいことが分かった.最後に,主磁極とトレーリングシールドが平行なギャップとSTOを組み合わせたモデルを用いて高周波発振層(field generation layer: FGL)の回転を求めた.信頼性の面から好ましくないが,STOの注入電流密度Jを大きくすれば安定した発振が得られることが分かった. 
(英) Micromagnetic model simulations were performed considering a spin-torque oscillator (STO), write head and double-layered recording medium. To reduce the calculation time, we used a simplified model consisting of a STO, recording layer (RL) and soft magnetic underlayer (SUL) and investigated the magnetostatic interactions between the STO and RL. It was found that the STO oscillation frequency was lowered due to the field from the RL, but the oscillation amplitude did not change. We used a second model consisting of a STO, write head, RL and SUL to investigate the effect of the RL on the main pole – trailing shield (MP-TS) gap field. It was found that the STO oscillation frequency was lowered due to the field from the RL, and the field from RL was large when the RL magnetization switched. Finally, using a third model, we found that increasing the injected current to an STO in a tilted, parallel main pole - trailing shield gap stabilized its rotation, although the conditions were still not ideal.
キーワード (和) 高周波アシスト磁気記録(MAMR) / スピントルク発振素子(STO) / 記録ヘッド / マイクロマグネティック解析 / / / /  
(英) Microwave-Assisted Magnetic Recording (MAMR) / Spin Torque Oscillator (STO) / Write Heads / Micromagnetic Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 347, MRIS2018-25, pp. 41-46, 2018年12月.
資料番号 MRIS2018-25 
発行日 2018-11-29 (MRIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 信号処理,一般 
テーマ(英) Signal Processing and Others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2018-12-MRIS-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高周波アシスト磁気記録ヘッドのマイクロマグ解析 
サブタイトル(和) 媒体記録層がSTOの発振に与える影響および平行なギャップのライトヘッドとSTOの組み合わせ 
タイトル(英) Micromagnetic analysis of MAMR recording head 
サブタイトル(英) STO with parallel gap write head and the influence of recording layer on STO oscillation 
キーワード(1)(和/英) 高周波アシスト磁気記録(MAMR) / Microwave-Assisted Magnetic Recording (MAMR)  
キーワード(2)(和/英) スピントルク発振素子(STO) / Spin Torque Oscillator (STO)  
キーワード(3)(和/英) 記録ヘッド / Write Heads  
キーワード(4)(和/英) マイクロマグネティック解析 / Micromagnetic Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板垣 諒 / Ryo Itagaki / イタガキ リョウ
第1著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: NIIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 靖 / Yasushi Kanai / カナイ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 新潟工科大学 (略称: 新潟工科大)
Niigata Institute of Technology (略称: NIIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) グリーブズ サイモン / Simon Greaves /
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 裕明 / Hiroaki Muraoka / ヒロアキ ムラオカ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-07 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MRIS2018-25 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MRIS-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会