電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-07 13:45
ユニット内フィードバックによるリニアアレイの多重ループ対応手法
岩本 淳菊谷雄真中島康彦奈良先端大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近年,計算機の演算性能向上によりDeep Learning等機械学習アルゴリズムの性能が大きく向上している.実社会での活用のため,組み込み機器における機械学習アルゴリズム実装の需要はますます高まっている.しかし,機械学習アルゴリズムで広く利用されているGPGPUでは組み込み機器における制約を満たすことが困難である.我々は,プログラミング容易性を確保しつつ,電力効率と面積効率に長けた演算器とローカルメモリを備えるユニットを一次元に配置したリニアアレイIMAXを提案してきた.しかし,多重ループ実行時の起動オーバヘッドが課題であった.起動オーバヘッド削減のためには多重ループの一括実行と途中結果の更新が必要である.本稿では,IMAXの演算ユニット内にフィードバックパスを設け,多重ループ制御とローカルメモリのRead-Modify-Writeを可能とする改善を行い,FPGA SoCと大規模FPGAを用いたARMv8+IMAXプロトタイプを用いて評価を行った.その結果,プロトタイプシステム上の改良版IMAXで,従来版IMAXに比べて,行列積で4.28倍,畳み込み演算では5.38倍の実行性能を有することが明らかとなった. 
(英)
キーワード (和) リニアアレイ / シストリックアレイ / CGRA / FPGA / ニアメモリ / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 339, CPSY2018-40, pp. 33-38, 2018年12月.
資料番号 CPSY2018-40 
発行日 2018-11-28 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE IPSJ-SLDM 
開催期間 2018-12-05 - 2018-12-07 
開催地(和) サテライトキャンパスひろしま 
開催地(英) Satellite Campus Hiroshima 
テーマ(和) デザインガイア2018 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2018 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2018-12-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) ユニット内フィードバックによるリニアアレイの多重ループ対応手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リニアアレイ /  
キーワード(2)(和/英) シストリックアレイ /  
キーワード(3)(和/英) CGRA /  
キーワード(4)(和/英) FPGA /  
キーワード(5)(和/英) ニアメモリ /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 淳 / / イワモト ジュン
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊谷 雄真 / / キクタニ ユウマ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 康彦 / / ナカシマ ヤスヒコ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-07 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2018-40 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.339 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2018-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会