電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 13:00
[ポスター講演]走行位置推定技術のためのカラーマーカー型の移動走査コード
榊原大貴河中治樹愛知県立大)・小野晋太郎東大)・淺井靖治キクテック)・小栗宏次愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 走行中の道路内での車両位置推定のために路面や白線に設置した位置特定用のマーカー(移動走査コード)を読み取る方法が研究されている.本研究ではアスファルト用のカラー舗装で表現した移動走査コードを区画線横に設置し,汎用の車載カメラによって読み取ることで走行位置推定の基礎的検討を行った.コードに使用するカラー舗装色での差異を比較し,それらを用いてコード読み取り精度を評価した. 
(英) As a kind of vehicle positioning system, a method to recognize some coded patterns that are set on a road surface or on a lane marking is studied. In this study, we propose to set a color-type moving sensor code drawn by colored pavement material beside lane marking, and recognize the code using an on-vehicle camera, aiming for wide versatility. We performed basic examinations to compare performance of the recognition between colors of the code.
キーワード (和) 移動走査コード / 車両位置推定 / 区画線検知 / / / / /  
(英) Moving sensor detectable code / Vehicle position estimation / Lane detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 343, ITS2018-24, pp. 75-80, 2018年12月.
資料番号 ITS2018-24 
発行日 2018-11-29 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS ITS RCC  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2018-12-WBS-ITS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 走行位置推定技術のためのカラーマーカー型の移動走査コード 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Moving Sensor Detectable Code by Color Marker for Vehicle Position Estimate Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動走査コード / Moving sensor detectable code  
キーワード(2)(和/英) 車両位置推定 / Vehicle position estimation  
キーワード(3)(和/英) 区画線検知 / Lane detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 大貴 / Daiki Sakakibara / サカキバラ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河中 治樹 / Haruki Kawanaka / カワナカ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 晋太郎 / Shintaro Ono / オノ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺井 靖治 / Yasuharu Asai / アサイ ヤスハル
第4著者 所属(和/英) 株式会社キクテック (略称: キクテック)
KICTEC Inc (略称: KICTEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 宏次 / Koji Oguri / オグリ コウジ
第5著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2018-41,IEICE-ITS2018-24,IEICE-RCC2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.342(WBS), no.343(ITS), no.344(RCC) 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2018-11-29,IEICE-ITS-2018-11-29,IEICE-RCC-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会