電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 14:05
THz-POLSARによる構造変化を有するターゲットの観測
荒原克樹中林寛暁水津光司長 敬三千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) テラヘルツ波は電波と光の特性を併せ持つ電磁波であり,広帯域かつ極めて短いパルスを実現可能であることから,センシングに応用するための研究が精力的に行なわれ,その適用分野の開拓が進められている.また,リモートセンシングの分野において,偏波を用いた合成開口レーダ(POLSAR)はターゲットの識別能力向上のために利用され,その有効性が知られている.本報告では,テラヘルツパルスを用いた広帯域センシングにPOLSARを組み合わせた新たな測定法であるTHz-POLSARによる非破壊測定を提案している.また,THz-POLSARの性能を評価するため,構造変化を有するターゲットの測定を通して,位置検出及び構造識別の能力を明らかにしている. 
(英) Terahertz wave is electromagnetic wave which have both characteristics of radio wave and light wave, and it is possible to realize wideband and extremely short pulse. Therefore, researches to apply terahertz waves to sensing and blazing a new application field have been energetically conducted. Also, in the field of remote sensing, polarized synthetic aperture radar (POLSAR) is used to improve the discrimination ability of targets, and its effectiveness is known. In this report, we propose a new non-destructive measurement by THz-POLSAR combining the POLSAR with the broadband sensing using the terahertz pulse. In order to evaluate the performance of the THz-POLSAR, we clarify the ability of the position detection and the structure identification through the measurement using a target with various structures.
キーワード (和) テラヘルツセンシング / THz-TDS / 合成開口レーダ / レーダポーラリメトリ / / / /  
(英) THz sensing / THz-TDS / synthetic aperture radar / radar polarimetry / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-06 
開催地(和) 奄美市AiAiひろば 
開催地(英) Amami-city AiAi Hiroba 
テーマ(和) AMT研究会 
テーマ(英) AMT 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-12-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) THz-POLSARによる構造変化を有するターゲットの観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observation of Target with various structure in THz-POLSAR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツセンシング / THz sensing  
キーワード(2)(和/英) THz-TDS / THz-TDS  
キーワード(3)(和/英) 合成開口レーダ / synthetic aperture radar  
キーワード(4)(和/英) レーダポーラリメトリ / radar polarimetry  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒原 克樹 / Katsui Arahara / アラハラ カツキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba institute of technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba institute of technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水津 光司 / Koji Suizu / スイヅ コウジ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba institute of technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長 敬三 / Keizo Cho / チョウ ケイゾウ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba institute of technology (略称: CIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会