電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 15:20
[チュートリアル講演]モジュラーネットワーク型自己組織化マップの理論と応用
徳永憲洋水大校
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モジュラーネットワーク型自己組織化マップ(Modular Network Self-Organizing Map: mnSOM)は, Kohonen の SOM のリファレンスベクトルを多層パーセプトロンなどのニューラルネットワークモジュールに置き換 えたモジュラーネットワーク構造を持ち,学習アルゴリズムとして SOM の競合・協調アルゴリズムを導入している. これにより,SOM はベクトル空間におけるマップを生成するが,mnSOM は関数空間(モデル空間)におけるマップ を生成する.本稿では mnSOM の理論および学習アルゴリズムについて解説をする.さらに mnSOM を開発(プログ ラムコーディング)する上での技術や,その他拡張などについても紹介をする. 
(英) A modular network self-organizing map (mnSOM) is an extension and generalization of a Kohonen’s SOM in which each reference unit is replaced to a neural module such as a multi-layer perceptron. In addition, the mnSOM employs a competitive and cooperative learning algorithm of the SOM as the learning algorithm. Thus, the mnSOM generates a map in the function space rather than the vector space. In this paper, the theory and the learning algorithm of the mnSOM are explained. Moreover, the techniques for developing the mnSOM and other extensions are also introduced.
キーワード (和) モジュラーネットワーク型自己組織化マップ / 自己組織化マップ / モジュラーネットワーク / / / / /  
(英) modular network self-organizing map / self-organizing map / modular network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 346, SIS2018-27, pp. 31-36, 2018年12月.
資料番号 SIS2018-27 
発行日 2018-11-29 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 萩市民館 
開催地(英) Hagi Civic Center 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2018-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モジュラーネットワーク型自己組織化マップの理論と応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theory and applications of modular network self-organizing map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モジュラーネットワーク型自己組織化マップ / modular network self-organizing map  
キーワード(2)(和/英) 自己組織化マップ / self-organizing map  
キーワード(3)(和/英) モジュラーネットワーク / modular network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 憲洋 / Kazuhiro Tokunaga / トクナガ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 水産大学校 (略称: 水大校)
National Fisheries University (略称: NFU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 15:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2018-27 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会