電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 14:50
選手個々および選手間のコンディションに関する多視点的な解析
近藤晴香九工大)・岩崎正明ブラテック)・磯貝浩久行動評価システム研)・古川徹生堀尾恵一九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,スポーツ選手のパフォーマンス向上を目的とし,選手ごとの最適な心理状態の推定を行う.我々は,選手の日々のコンディションを記録するアプリを開発した.アプリから得たデータからまずは選手ごとの心理的構造の違いをTensor 型の自己組織化マップを用いて明らかにする.つぎに,選手が高いパフォーマンスを発揮する心理状態の推定を自己組織化マップにより行う. 
(英) In this study, an estimation of an optimal psychological state for each player is achieved to improve the performances of the players. We developed an application that players’ daily conditions were recorded, are able to collect much data of their conditions and performances. Based on the data, differences in psychological structure between players are clarified using Tensor Self-Organizing Map. Furthermore, psychological states which are related to their performances are estimated are estimated using Self-Organizing Map.
キーワード (和) Self-Organizing Maps / Tensor Self-Organizing Maps / パフォーマンス発揮 / コンディショニング / / / /  
(英) self-organizing maps / tensor self-organizing maps / physical and mental conditions / performance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 346, SIS2018-26, pp. 25-29, 2018年12月.
資料番号 SIS2018-26 
発行日 2018-11-29 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 萩市民館 
開催地(英) Hagi Civic Center 
テーマ(和) スマートパーソナルシステム,一般 
テーマ(英) Smart Personal Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2018-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選手個々および選手間のコンディションに関する多視点的な解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-View Analysis for Conditions of Players in Team Sports 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Self-Organizing Maps / self-organizing maps  
キーワード(2)(和/英) Tensor Self-Organizing Maps / tensor self-organizing maps  
キーワード(3)(和/英) パフォーマンス発揮 / physical and mental conditions  
キーワード(4)(和/英) コンディショニング / performance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 晴香 / Haruka Kondo / ハルカ コンドウ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 正明 / Masaki Iwasaaki / イワサキ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ブラテック (略称: ブラテック)
BraTech Co., Ltd. (略称: BraTech Co., Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯貝 浩久 / Hirohisa Isogai / イソガイ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 一般社団法人行動評価システム研究所 (略称: 行動評価システム研)
Behavior Assessment Systems Laboratory (略称: BAS Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 徹生 / Tetsuo Furukawa / フルカワ テツオ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 恵一 / Keiichi Horio / ホリオ ケイイチ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2018-26 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会