お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 13:00
[ポスター講演]確率伝搬法に基づくセンサネットワーク上の同期通信の解析
足立亮介小林孝一山下 裕北大WBS2018-52 ITS2018-35 RCC2018-83
抄録 (和) 本稿では、確率伝搬法に基づく最適アグリゲーションを用いた分散推定法を提案する.センサネットワーク上の各ノードは,受信データと自身の測定値をアグリゲーションする.各ノードにおける集約データの分散値の計算には確率伝搬法が用いられる.アグリゲーションにおてい,各ノードは受信したデータの分散値に基づいて集約データの分散値を最小化する.これにより,すべてのノードの分散推定器は個々の測定値のすべてから計算されたものと等しい最尤推定をアグリゲーション出力から計算できる.最後に、提案手法を遅延センサネットワークのモデルベース同期に拡張する. 
(英) In this paper, distributed estimation method with optimal aggregation based on belief propagation is proposed. In the sensor networks, each node aggregates received messages and own measurement. In the calculation of the aggregation, each node minimizes variances of aggregated values based on variances of received messages. The calculation of the variance of the aggregated values in each node, belief propagation is utilized. Distributed estimators of all node provide maximum likelihood estimation which are equal to the ones calculated from all of individual measurements. Finally, we extend the proposed method to model based synchronization for delayed sensor networks.
キーワード (和) 確率伝搬法 / データアグリゲーション / 最適推定問題 / / / / /  
(英) Belief Propagation / Data Aggregation / Optimal Estimation Problem / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 344, RCC2018-83, pp. 135-139, 2018年12月.
資料番号 RCC2018-83 
発行日 2018-11-29 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2018-52 ITS2018-35 RCC2018-83

研究会情報
研究会 WBS ITS RCC  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2018-12-WBS-ITS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率伝搬法に基づくセンサネットワーク上の同期通信の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Belief Propagation Analysis for Synchronization over Sensor Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率伝搬法 / Belief Propagation  
キーワード(2)(和/英) データアグリゲーション / Data Aggregation  
キーワード(3)(和/英) 最適推定問題 / Optimal Estimation Problem  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 亮介 / Ryosuke Adachi / アダチ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 孝一 / Koichi Kobayashi / コバヤシ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 裕 / Yuh Yamashita / ヤマシタ ユウ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2018-52,IEICE-ITS2018-35,IEICE-RCC2018-83 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.342(WBS), no.343(ITS), no.344(RCC) 
ページ範囲 pp.135-139 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2018-11-29,IEICE-ITS-2018-11-29,IEICE-RCC-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会