電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 13:00
[ポスター講演]重回帰分析による区画線の劣化評価推定の精度検証
橋本貴大河中治樹愛知県立大)・小野晋太郎東大)・淺井靖治キクテック)・小栗宏次愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 区画線は熟練の評価者の目視により塗り替えの判断(ランク付け)がされている.しかし,膨大な長さの区画線を目視により評価するのは効率が悪いことに加え,主観評価であるために評価結果に差異が生じている.そのため,車載画像からの評価者によらない客観的な劣化推定手法が提案されている.本研究では,その推定手法を実装して複数の道路区間にて精度評価を行い,すべての評価者の正解率を上回る精度であることを確認した. 
(英) Lane marker has been ranked of repainting by expert evaluator.But, it's inefficient that evaluate vast lane markers by visual inspection besides difference occurs in the evaluation result because of subjectivity.Therefore, it's proposed that estimation not depend on evaluator from onboard camera.In this study,evaluation of accuracy in plural road with proposed method as a result the accuracy exceed all evaluator.
キーワード (和) 区画線劣化 / 目視評価ランク / / / / / /  
(英) Lane Marker Deterioration / Visual Evaluation Rank / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 343, ITS2018-25, pp. 81-86, 2018年12月.
資料番号 ITS2018-25 
発行日 2018-11-29 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS ITS RCC  
開催期間 2018-12-06 - 2018-12-07 
開催地(和) 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 
開催地(英) Miyako Island Hirara Port Terminal Bldg. 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2018-12-WBS-ITS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重回帰分析による区画線の劣化評価推定の精度検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accuracy Verification of Estimate for Lane Marker Deterioration with Multiple Regression Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 区画線劣化 / Lane Marker Deterioration  
キーワード(2)(和/英) 目視評価ランク / Visual Evaluation Rank  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 貴大 / Takahiro Hashimoto / ハシモト タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河中 治樹 / Haruki Kawanaka / カワナカ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 晋太郎 / Shintaro Ono / オノ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
Tokyo University (略称: Tokyo Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺井 靖治 / Yasuharu Asai / アサイ ヤスハル
第4著者 所属(和/英) 株式会社キクテック (略称: キクテック)
KICTEC Inc. (略称: KICTEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 宏次 / Koji Oguri / オグリ コウジ
第5著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2018-42,IEICE-ITS2018-25,IEICE-RCC2018-73 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.342(WBS), no.343(ITS), no.344(RCC) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2018-11-29,IEICE-ITS-2018-11-29,IEICE-RCC-2018-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会