電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-06 09:25
細粒度再構成可能デバイスMPLDにおけるディープラーニングを用いた論理素子配置の良し悪し判定
藤石秀仁鎌田時生弘中哲夫谷川一哉窪田昌史広島市大VLD2018-48 DC2018-34
抄録 (和) 細粒度再構成可能デバイスMPLD のCAD では,論理素子の配置手法としてSA 法が使われている.しかし,MPLD の配線構造は複雑であるため,簡易な数式モデルではSA 法で用いるコスト関数を実現するのは困難である.そこで,SA 法のコスト関数をニューラルネットワークで実現することを検討している.
本稿では配置の配線しやすさを予測するニューラルネットワークが実現可能かを確かめるために,従来のMPLD のコスト関数の値を疑似学習データとしてニューラルネットワークを訓練し,正答率を評価した結果を示す. 
(英) In CAD for MPLD which is a type of fine grain reconfigurable PLD, the SA method is used as a place-ment method for logic elements. However, since the wiring structure of the MPLD is complicated, it is difficult to implement the cost function for the SA method as a simple mathematical model.
Therefore, we considered implementing the cost function for the SA method with a neural network.
In this paper, in order to ascertain whether a neural network that predicts the ease of wiring can be trained, we trained the
neural network using the values from the conventional MPLD’s SA cost
function as pseudo learning data.
キーワード (和) MPLD / 配置配線 / SA 法 (Simulated Annealing 法) / ニューラルネットワーク / / / /  
(英) MPLD / Placement and Route / SA(Simulated Annealing) / Neural Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 334, VLD2018-48, pp. 71-76, 2018年12月.
資料番号 VLD2018-48 
発行日 2018-11-28 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2018-48 DC2018-34

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF CPM ICD IE IPSJ-SLDM 
開催期間 2018-12-05 - 2018-12-07 
開催地(和) サテライトキャンパスひろしま 
開催地(英) Satellite Campus Hiroshima 
テーマ(和) デザインガイア2018 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2018 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-12-VLD-DC-CPSY-RECONF-CPM-ICD-IE-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 細粒度再構成可能デバイスMPLDにおけるディープラーニングを用いた論理素子配置の良し悪し判定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quality determination of logic element placement using deep learning in fine grain reconfigurable device MPLD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPLD / MPLD  
キーワード(2)(和/英) 配置配線 / Placement and Route  
キーワード(3)(和/英) SA 法 (Simulated Annealing 法) / SA(Simulated Annealing)  
キーワード(4)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤石 秀仁 / Hidehito Fujiishi / フジイシ ヒデヒト
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima city University (略称: Hiroshima city Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 時生 / Tokio Kamada / カマダ トキオ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima city University (略称: Hiroshima city Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 弘中 哲夫 / Tetsuo Hironaka / ヒロナカ テツオ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima city University (略称: Hiroshima city Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 一哉 / Kazuya Tanigawa / タニガワ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima city University (略称: Hiroshima city Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 昌史 / Atsushi Kubota / クボタ アツシ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima city University (略称: Hiroshima city Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-12-06 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2018-48,IEICE-DC2018-34 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.334(VLD), no.335(DC) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-11-28,IEICE-DC-2018-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会