お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-30 10:20
Introducing the Perception-Distortion Tradeoff into the Rate-Distortion Theory of General Information Sources
Ryutaroh MatsumotoNagoya Univ.CS2018-79 IE2018-58
抄録 (和) Blau and Michaeli recently introduced a novel concept
for inverse problems of signal processing, that is,
the perception-distortion tradeoff.
We introduce their tradeoff into the rate distortion theory
of lossy source coding in information theory,
and clarify the tradeoff among information rate, distortion
and perception for general information sources.o 
(英) Blau and Michaeli recently introduced a novel concept
for inverse problems of signal processing, that is,
the perception-distortion tradeoff.
We introduce their tradeoff into the rate distortion theory
of lossy source coding in information theory,
and clarify the tradeoff among information rate, distortion
and perception for general information sources.
キーワード (和) perception-distortion tradeoff / rate-distortion theory / data compression / / / / /  
(英) perception-distortion tradeoff / rate-distortion theory / data compression / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 328, CS2018-79, pp. 67-69, 2018年11月.
資料番号 CS2018-79 
発行日 2018-11-22 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2018-79 IE2018-58

研究会情報
研究会 CS IE IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2018-11-29 - 2018-11-30 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Tokushima University (Memorial Hall of Almuni(Engineering)) 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-11-CS-IE-AVM-BCT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Introducing the Perception-Distortion Tradeoff into the Rate-Distortion Theory of General Information Sources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) perception-distortion tradeoff / perception-distortion tradeoff  
キーワード(2)(和/英) rate-distortion theory / rate-distortion theory  
キーワード(3)(和/英) data compression / data compression  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隆太郎 / Ryutaroh Matsumoto / マツモト リュウタロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-30 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-79,IEICE-IE2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.328(CS), no.329(IE) 
ページ範囲 pp.67-69 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-CS-2018-11-22,IEICE-IE-2018-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会