電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-29 13:50
VVC向け拡張デブロッキングフィルタ方式の検討
海野恭平河村 圭内藤 整KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代動画像符号化方式として標準化が進められているVVC (Versatile Video Coding) では,現行のH.265/HEVCと比較して大きなブロックサイズの導入が検討されている.大きなブロックでは特に低レートにおいてブロックノイズが目立ちやすいという特性があり,従来のデブロッキングフィルタでは十分に主観画質を改善できない場合がある.本報告では,従来よりタップ長の長いデブロッキングフィルタを輝度信号と色差信号それぞれに導入し,大きなブロックにおけるブロックノイズの低減を図る. 
(英) In VVC (Versatile Video Coding), which is being standardized as a next generation video coding scheme, introduction of a larger block size than the H.265/HEVC is being studied. In a large block, block noises are more visible especially at low bit-rate, and there are cases in which subjective quality can not be sufficiently improved by the conventional deblocking filter. In this report, we introduce a long-tap deblocking filter for luma and chroma to reduce block noises in a large block.
キーワード (和) VVC / HEVC / デブロッキングフィルタ / ブロックノイズ / / / /  
(英) VVC / HEVC / Deblocking filter / Block noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 329, IE2018-55, pp. 39-44, 2018年11月.
資料番号 IE2018-55 
発行日 2018-11-22 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS IE IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2018-11-29 - 2018-11-30 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Tokushima University (Memorial Hall of Almuni(Engineering)) 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-11-CS-IE-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VVC向け拡張デブロッキングフィルタ方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Extended Deblocking Filter for VVC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VVC / VVC  
キーワード(2)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(3)(和/英) デブロッキングフィルタ / Deblocking filter  
キーワード(4)(和/英) ブロックノイズ / Block noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海野 恭平 / Kyohei Unno / ウンノ キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 圭 / Kei Kawamura / カワムラ ケイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 整 / Sei Naito / ナイトウ セイ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-29 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-CS2018-76,IEICE-IE2018-55 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.328(CS), no.329(IE) 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-11-22,IEICE-IE-2018-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会