お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-29 10:45
UDP通信時における電力線通信(PLC)システムのシステム固有周期重畳図 ~ その1:システム固有周期探索アルゴリズム ~
阿部 航後藤碩志上村 綾喜田健司東洋大)・石川博康日大)・篠永英之東洋大CS2018-71 IE2018-50
抄録 (和) 電力線通信( PLC )システムとは電力線を通信媒体とし通信する技術であり、簡便にLAN環境を構築可能である。著者らは、PLCを介したコンピュータ間通信の様子を可視化する手法として、バースト信号受信時刻をシステム固有周期で折り返し重畳表示したシステム固有周期重畳図を提案した。本稿では、パケットキャプチャ解析を用いてシステム固有周期を決定するシステム固有周期探索アルゴリズムを提案する。 
(英) The power line communications ( PLC ) system is a technique for communication using a power line as communication mediation and it is possible to build a LAN environment easily. As a method of visualizing communication between computers through the PLC, the authors have proposed a system specific period superimposed chart in which the burst signal reception time is superimposed by folding back at the system specific period. In this paper, we propose system specific period search algorithm to be able to determine system specific period by packet capture analysis.
キーワード (和) PLC / パケットキャプチャ解析 / システム固有周期 / システム固有周期重畳図 / / / /  
(英) PLC / Packet Capture Analysis / System specific period / System specific period superimposed chart / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 328, CS2018-71, pp. 13-18, 2018年11月.
資料番号 CS2018-71 
発行日 2018-11-22 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2018-71 IE2018-50

研究会情報
研究会 CS IE IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2018-11-29 - 2018-11-30 
開催地(和) 徳島大学 工業会館 
開催地(英) Tokushima University (Memorial Hall of Almuni(Engineering)) 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2018-11-CS-IE-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UDP通信時における電力線通信(PLC)システムのシステム固有周期重畳図 
サブタイトル(和) その1:システム固有周期探索アルゴリズム 
タイトル(英) System Specific Period Superimposed Chart in PLC System under UDP Transmission 
サブタイトル(英) Part 1: System Specific Period Search Algorithm 
キーワード(1)(和/英) PLC / PLC  
キーワード(2)(和/英) パケットキャプチャ解析 / Packet Capture Analysis  
キーワード(3)(和/英) システム固有周期 / System specific period  
キーワード(4)(和/英) システム固有周期重畳図 / System specific period superimposed chart  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 航 / Wataru Abe / アベ ワタル
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 碩志 / Hiroshi Gotoh / ゴトウ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 綾 / Ryo Uemura / ウエムラ リョウ
第3著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜田 健司 / Kenji Kita / キタ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 博康 / Hiroyasu Ishikawa / イシカワ ヒロヤス
第5著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠永 英之 / Hideyuki Shinonaga / シノナガ ヒデユキ
第6著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-29 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2018-71,IEICE-IE2018-50 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.328(CS), no.329(IE) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2018-11-22,IEICE-IE-2018-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会