電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-27 16:10
パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/SUSTech/NUS
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案するハイパーグラフ状態上で行う測定型量子計算の正しさをX, Z測定だけで効率良く検証出来ることも示す。最後に、我々が提案するハイパーグラフ状態をブラインド量子計算に応用することも考える。 
(英) In this talk, we construct a universal hypergraph state that only requires $X$ and $Z$-basis measurements for universal measurement-based quantum computing. We also show that universal measurement-based quantum computing on our hypergraph state can be verified in polynomial time using only $X$ and $Z$-basis measurements. Furthermore, in order to demonstrate an advantage of our hypergraph state, we construct a verifiable blind quantum computing protocol that requires only $X$ and $Z$-basis measurements for the client.
キーワード (和) ハイパーグラフ状態 / 測定型量子計算 / 量子状態の検証 / ブラインド量子計算 / / / /  
(英) hypergraph state / measurement-based quantum computation / verification of quantum states / blind quantum computing / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2018-11-26 - 2018-11-27 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2018-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantum computational universality of hypergraph states with Pauli-X and Z basis measurements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイパーグラフ状態 / hypergraph state  
キーワード(2)(和/英) 測定型量子計算 / measurement-based quantum computation  
キーワード(3)(和/英) 量子状態の検証 / verification of quantum states  
キーワード(4)(和/英) ブラインド量子計算 / blind quantum computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 勇貴 / Yuki Takeuchi / タケウチ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森前 智行 / Tomoyuki Morimae / モリマエ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学/科学技術振興機構 (略称: 京大/JST)
Kyoto University/Japan Science and Technology Agency (略称: Kyoto Univ./JST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正人 / Masahito Hayashi / ハヤシ マサヒト
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学/南方科技大学/シンガポール国立大学 (略称: 名大/SUSTech/NUS)
Nagoya University/Southern University of Science and Technology/National University of Singapore (略称: Nagoya Univ./SUSTech/NUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-27 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会